レ・シャン・リーブル(Les Champs Libres)

マーカーはレ・シャン・リーブルです。

レ・シャン・リーブル(Les Champs Libres)
[2006年から一般公開されているレンヌの新しいカルチャー施設、レ・シャン・リーブル(Les Champs Libres)は、ブルターニュ美術館、科学館、レンヌ市図書館が複合されている。  (「レンヌ | Rennes | フレンチ・コード french-code」より)]

[赤紫の頁岩、コンクリート、ガラスが特徴的な複合文化施設で、クリスチャン・ド・ポルザンパルクの設計です。24000㎡の面積の中に、ブルターニュ美術館と科学スペースとプラネタリウムと図書館が美しく調和しています。火曜日から金曜日までの12時から19時まで開館。土曜日と日曜日は、通年で14時から19時。  (「レンヌでRendez-vous | フランス観光 公式サイト – フランス観光開発機構」より)]

ブルターニュ博物館
[ブルターニュ博物館は、ブルターニュ地域圏の歴史を今に伝えるモダンな博物館です。常設展示では、この緑豊かな地方がどのように発展してきたかについてイメージや展示品を使って紹介しています。この博物館は、科学館と市立図書館の入っている大型複合施設、レ シャン リーブルの中核的な施設です。博物館の展示を見学して、ブルターニュ地方とこの地方を代表するレンヌについて学びましょう。
まずは、3 つある常設展示へ。ブルターニュの宇宙セクションでは、ブルターニュの歴史について紹介されています。2,300 個もの品が、ホールとこの大型展示のオープン スペースのいたるところに置かれています。ブルターニュで起きた主な出来事、戦闘や政治指導者について紹介されています。
次は、ドレフュス事件ホールへ。反逆罪で裁判にかけられ有罪となったユダヤ人のフランス軍将校に関する事件についての説明があります。この裁判は、事件そのものが複雑で冤罪であることが判明した上、反ユダヤ主義の問題もはらんでいたことから、十年以上にわたりフランス中を揺るがしました。真犯人がわかり、ドレフュスは最終的には無罪となりました。6,800 点もの関係資料が展示されています。  (「ブルターニュ博物館 / レンヌ旅行|エクスペディア」より)]

Les Champs Libres – Google Map 画像リンク」「Musée de Bretagne – Google Map 画像リンク」「Bibliothèque des Champs Libres – Google Map 画像リンク」「Space Sciences – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がレ・シャン・リーブル(Les Champs Libres)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*