モン・サン=ミシェル

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    モン・サン=ミシェル
    [モン・サン=ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島、及びその上にそびえる修道院である。
    カトリックの巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年には「モン・サン=ミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録され、1994年10月にはラムサール条約登録地となった。
    ノルマンディー地方南部・ブルターニュとの境に近いサン・マロ湾はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しい所として知られる。潮の満ち引きの差は15メートル以上ある。このため、湾の南東部に位置する修道院が築かれた岩でできた小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた(トンボロ現象)。島の入口には潮の干満時刻を示した表示があり、満潮時には浜に降りないようにと記されている。最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれており、引き潮により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せる。このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあった。
    1877年に対岸との間に地続きの道路が作られ、潮の干満に関係なく島へと渡れるようになった。しかし、これによって潮流をせき止めることとなり、100年間で2mもの砂が堆積してしまった。急速な陸地化(陸繋島化)が島の周囲で進行しており、島の間際まで潮がくることは滅多になくなりつつある。かつての姿を取り戻すべく2009年には地続きの道路が取り壊され、2014年に新たな橋が完成した。
    主要部はゴシック様式だが、内部はさまざまな中世の建築方式が混ざり合って構成されている。
    教会堂はカロリング期の様式で、身廊はノルマン様式(Architecture normande)(11~12世紀)、百年戦争後の1421年に破壊されたロマネスク様式の内陣はフランボワイアン・ゴシック様式(15世紀半ば~16世紀初頭)として再建された。これら周囲を13世紀の重層構造の修道院建築と13~15世紀の軍事施設が取り囲んでいる。ゴシック・リヴァイヴァル建築の鐘楼と尖塔は1897年に完成し、その上に奉られた剣と秤を持つ金のミカエル像は彫刻家エマニュエル・フレミエ(Emmanuel Frémiet)によって製作された。深層部からは、岩山の上に幾層にもわたり建造され続けた建築遺構も残る。
    「モン・サン=ミシェル」・wikipedia-photo、「サン・マロ湾に浮かぶモン・サン=ミシェル」・wikipedia-photo、全景・wikipedia-photo、ライトアップされた夜景・wikipedia-photo、修道院・wikipedia-photo、修道院内部・wikipedia-photo、モンサンミシェルにある家々・wikipedia-photo、修道院下の狭い路地は店が立ち並び観光客で溢れている・wikipedia-photo  (wikipedia・モン・サン=ミシェルより)]

    [モン・サン・ミッシェル修道院内の必見スポット&見学順路

    1.哨戒の間 – 要塞化されたモン・サン・ミッシェル修道院の入り口に続く階段をのぼり、門をくぐったところにある踊り場。天井が高く、神聖な雰囲気が漂っています。この右側にチケット販売所とお土産屋があります。ここまでは無料で入ることができますので、修道院内の見学をご希望でない方もここまでは入ることができます。チケット購入後、この踊り場の右先のカウンターでチケットを提示し修道院内に入場します。
    2.大階段​ – 硝戒の間でチケットを提示した後は、「大階段」と呼ばれる階段をのぼります。大階段には、ノルマンディ地方を一望できます。大階段の右側には協会が、左側には修道僧の居住棟があります。この居住棟は14世紀から16世紀に建てられ、歴代の修道院長の住まいとして使われていたものです。


    3.西のテラス – モン・サン・ミッシェル修道院付属教会が建てられた当初の教会の前庭と、18世紀の火災で焼失した身廊全部3列で構成されているテラス。古典主義のファザー度は2780年に再建されたものです。
    このテラスからは、西はブルターニュ地方のカンカルの岩山から、東はノルマンディ地方の断崖まで、南西は陸地側にはモン・ドルの2つの花崗岩の岩山、北はトンブレーヌの小島などを見渡すことができ、湾を展望することができます。沖にはこの修道院の建設に使われた花崗岩が採石されたショゼー群島も見えます。
    4.モン・サン・ミッシェル修道院付属教会​ – モン・サン・ミッシェル修道院付属教会は、海抜80メートルの岩山の長さ80メートルの土台の上に建っている教会です。板張り装飾が施されたヴォールトの天井の身廊は、上に向かって、回廊、高窓の層の造りになっています。もともとロマネスク様式だった内陣は、1421年に崩壊されてしまい、現在建っている教会は100年戦争後に再建されたフランボアイヤン式ゴシック様式のものです。
    5.回廊​ – 他の建物につながる通路の役目を果たすこの歩廊は、13世紀初頭に建てられた「西洋の驚異」といわれるラ・メルヴェイユと呼ばれる建物の最上階に位置します。西側は湾を一望でき、「合同の食事室」、「モン・サン・ミッシェル修道院付属教会」、厨房、共同寝室、古文書保管室、階段などにつながっています。この場所は、当初、参事会室に通じる予定でしたが、現在も工事未完のままとなっています。
    回廊は重量を軽減するために木材が用いられ、2列に並んだ小さな柱は、わずかにずれた形で組むことで、常に変化する視覚効果を作り出され、その美しさに「西洋の驚異」といわれる理由がうかがわれます。かつて、祈りと瞑想の場であったのも納得です。中庭は立ち入り禁止ですが、柱と中庭の間は入ることが許可されているそうです。
    6.合同の食事室​ – かつて修道僧たちが沈黙のうちに食事を取っていた場所。南側の壁には説教壇があり、食事の間、修道僧の一人が読唱していたのです。この食事室の側壁には狭い窓がありますが、入り口からは見ることができません。  (「【モンサンミッシェル修道院】モンサンミッシェル観光|TRAVEL …」より)]

    モン・サン・ミッシェル – Google Map 画像リンク」「Fraternité Monastique de Jérusalem au Mont-Saint-Michel – Google Map 画像リンク」「ガブリエル塔 – Google Map 画像リンク」「The Center for National Monuments – Google Map 画像リンク

    カメラ北北西方向がモン・サン=ミシェルです。

    カメラ位置はモン・サン=ミシェル入場門口で、カメラ北方向にインフォメーションがあります。

    カメラ東北東方向が王の門です。

    カメラ位置は巡礼者の歩いた参道「グランド・リュ」です。

    カメラ南南西方向がサン・ピエール教会です。

    カメラ位置はブークル塔です。

    カメラ位置は北塔です。

    カメラ南方向がモン・サン=ミシェル修道院入口です。

    大階段上段ステップのカメラです。

    カメラ位置は西テラスで、カメラ東方向が修道院内教会の正面です。

    修道院教会内のカメラです。

    モン・サン=ミシェル修道院中庭・「ラ・メルヴェイユの列柱廊」のカメラです。

    修道士の食堂内のカメラです。

    カメラ南南東方向がガブリエルの塔です。