レンヌ駅

マーカーはレンヌ駅です。

レンヌ駅
[レンヌ駅(フランス語: Gare de Rennes)はフランスブルターニュ地域圏レンヌにある主要鉄道駅である。1日あたり54本のTGVと180本のTERが発着し、18,000人の旅客が利用している。レンヌ駅の開業は1857年で、1992年には建築家T・ル・ベールによるTGV乗り入れに備えた駅施設の改装が完成し、地下鉄やバスとの接続が改善されている。駅はレンヌ中心部の南側に位置し、今日では大規模な再開発が進んでいる。
コンコース・wikipedia-photo  (wikipedia・レンヌ駅より)]

[レンヌにある主要駅のひとつが、市街地中心部にあるレンヌ駅です。近代的な建物の同駅はこの地域内の町を結ぶハブ駅といえます。
レンヌ駅は、レピュブリック広場やブルターニュ高等法院までほぼ1㎞圏内です。列車でサン・マロやモン・サン・ミッシェル、ブレストなどを訪れる際は通常、レンヌ駅経由となります。パリリヨンリールなどフランス主要都市とも路線を持つレンヌを拠点に、ブルターニュ地方の各都市を巡るのが最適です。レンヌ駅には、営業時間中は職員が常駐する窓口や公衆電話、ATM、待合室も備えます。
駅に乗り入れている列車のタイプ:
高速列車(TGV)、在来線(TER)、インターシティ
駅構内サービス:
SNCF駅職員、お身体が不自由なお客様向けのアシスタントサービス、ビジネスラウンジ&待合室、お体が不自由なお客様用の設備、両替所、遺失物取扱所、観光案内所、トイレ、手荷物預かり所、Wi-Fiによるインターネット接続、ATM、公衆電話。
交通機関と接続
ローカル列車&地下鉄: レンヌ駅はメトロ駅と地下通路で結ばれています。
バス:市バス(STAR)の停留所が駅の外にあります。
タクシー: 駅のすぐ外にタクシー乗り場があります。
空港:バス路線57番がレンヌ駅と空港を結びます。  (「レンヌ駅の鉄道案内|レイルヨーロッパ【公式】」より)]

レンヌ駅 – Google Map 画像リンク

カメラ南方向がレンヌ駅です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*