コスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)

マーカーはコスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)です。

コスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)
[ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅前広場とローマ広場を結ぶ4つ目の橋、ローマ広場歩道橋が建築家サンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava)の設計により2008年に建設された。  (wikipedia・カナル・グランデより)]

[【9月5日 AFP】ベネチアの運河カナル・グランデ(Canal Grande)で4つ目となる新たな橋の落成式が中止になった。
 落成式は9月18日に行われ、ジョルジョ・ナポリターノ(Giorgio Napolitano)大統領が出席する予定だった。ところがこの橋に対し、作る必要もないのに建設費が予算の4倍かかった、周囲の景観にそぐわない、などの厳しい非難の声が上がっていたことから、マッシモ・カッチャーリ(Massimo Cacciari)ベネチア市長が2日、落成式の中止を発表した。
 鉄骨とガラスのアーチで造られたこの橋の設計を手掛けたのは、世界でもトップクラスの建築家サンティアゴ・カラトラヴァ(Santiago Calatrava)氏。同氏はエル・パイス紙(El Pais)のインタビューで、「この橋は私が手掛けたなかでも最も美しい作品。一生懸命に作ったのに、きちんとした落成式が行われないとは残念だ」と語った。  (「ベネチア運河に4つ目の橋完成も、不評で落成式は中止に 写真6枚 国際」より)]

コスティトゥツィオーネ橋 – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がコスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)です。

コスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)下からのカメラです。

カメラ南南西方向がコスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)です。

コスティトゥツィオーネ橋(カラトラバ橋)上のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*