カ・ダ・モスト

マーカーはカ・ダ・モストです。

カ・ダ・モスト
[カ・ダ・モスト(イタリア語: Ca’ da Mosto)は、イタリアヴェネツィア内のカナル・グランデ沿いにある13世紀に建設された邸宅である。狭く高いアーチと特徴的な柱頭を持つビザンティン建築様式となっている。
元々はcasa-fondacoと呼ばれる商人の邸宅及び工房であったが、16世紀に2階部分が増設され、19世紀には3階部分が建設された。邸宅の名前はこの邸宅で生まれたイタリアの冒険家Alvise Cadamostoから付けられており1603年までその一族が住んでいたが、Chiara da Mostoの代の際に、Chiaraの2番目の夫の甥に当たるヴェネツィア共和国第90代元首Leonardo Donà dalle Roseへ寄贈された。
16世紀から18世紀にはホテルとして使用されAlbergo Leon Bianco (the White Lion Hotel)の名で知られ、また1769年から1775年の間、神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世がヴェネツィアに滞在していた際の邸宅ともなった。
「カ・ダ・モスト」・wikipedia-photo  (wikipedia・カ・ダ・モストより)]

カメラ東北東方向がカ・ダ・モストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*