カ・ドーロ

マーカーはカ・ドーロです。

カ・ドーロ
[カ・ドーロ (Ca’ d’Oro, 正式にはパラッツォ・サンタ・ソフィア Palazzo Santa Sofia)はヴェネツィアカナル・グランデに面する邸宅であり、このうちで最も美しいものの一つといわれる。最も古いものの一つでもあり、かつて外壁に金箔と多彩色の装飾が施されていたことから、カ・ドーロ(黄金の館)と呼ばれてきた。
邸宅は1428年から1430年にかけ、ヴェネツィア貴族コンタリーニ家のために建てられた。コンタリーニ家は1043年から1676年までの間に8人のヴェネツィア元首(ドージェ)を輩出している。選挙で新たに元首となった者はこの館から離れてドゥカーレ宮殿へ移り住むのが通例であった。 建築を行ったのは、ジョヴァンニ・ボンと彼の子バルトロメオ・ボン(Bartolomeo Bon)である。彫刻家・建築家であったこの2人の仕事は、ヴェネツィアにおけるゴシック様式建築の縮図となっている。彼らはドゥカーレ宮殿の建築でもよく知られ、特に『ソロモンの審判』像のあるポルタ・デッラ・カルタ(Porta della Carta)が著名である。 1797年にヴェネツィア共和国が終焉を迎えると、カ・ドーロの所有者は数度にわたって変遷した。19世紀の所有者の一人であるバレエダンサーのマリー・タリオーニは、中庭のゴシック様式の階段および、中庭を見下ろす華麗なバルコニーを取り除いた(今日ではこの改修は暴挙と見なされている)。 1922年、カ・ドーロは1894年から所有者であったジョルジョ・フランケッティ男爵から国家に遺譲された。往時の華やかさを取り戻すべく大々的な修復が行われ(階段の再建も含む)、現在はギャラリーとして一般に公開されている。
「カナル・グランデからカ・ドーロのファサードをのぞむ」・wikipedia-photo  (wikipedia・カ・ドーロより)]

カメラ北東方向がカ・ドーロです。

カメラ北西方向左ドアが、カ・ドーロ中庭の入り口です。

カ・ドーロ中庭の入口ドアからの360citiesです。

カ・ドーロ居間のカメラで、カメラ南東方向に中庭の入口ドアがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*