カ・フォスカリ(ヴェネツィア大学)

マーカーはカ・フォスカリ(ヴェネツィア大学)です。

カ・フォスカリ
[カ・フォスカリ(イタリア語:Ca’ Foscari)は、ヴェネツィアにあるゴシック様式の建物。ドルソドゥーロ(Dorsoduro)地区に所在し、カナル・グランデに面している。現在、大学(ヴェネツィア大学)として公開された場所になっている。
現在、建物はカ・フォスカリとして知られるが、以前は「2つの塔の建物」(Casa delle due torri)と呼ばれる別の建物であった。1429年、マントヴァの領主でヴェネツィアの軍の副大将であったジャンフランチェスコ・ゴンツァガ(Gianfrancesco Gonzaga)のためにヴェネツィア共和国が購入した。1438年、ゴンツァガがヴェネツィア共和国を残してミラノの子爵と同盟したため、フランチェスコ・スフォルツァに贈られた。スフォルツァがヴェネツィア共和国を裏切ったため、1452年、建物は競売にかけられフランチェスコ・フォスカリが購入した。
カ・フォスカリ
1452年、ヴェネツィアのドージェであったフランチェスコ・フォスカリは「2つの塔の建物」を購入した。その後、建物は解体され、新しく大きな建物が建てられた。設計者はバルトロメオ・ボノであった。工事は1452年に始まり、フランチェスコ・フォスカリは死の直前の7日間だけ住んだ。
カ・フォスカリはヨーロッパの君主らヴェネツィア共和国の賓客たちを遇する場として、またカナル・グランデの眺望を提供する場であった。
ヴェネツィア有数のスポーツ行事であるレガッタ・ストリカも、カ・フォスカリの前で見られる。
有名なヴェネツィアの建築家カルロ・スカルパは建物に1936年・1956年の2回、修復を手がけている。1936年の修復では玄関、一階の会議室、一番主要な室(Aula Baratto)が対象となり、1956年にはBoiserieを作った。
2004-2006年には隣接するカ・ジュスティニアニ(Palazzo Giustiniani)とあわせて修復がなされた。
「カ・フォスカリ」・wikipedia-photo、”通りフォスカリ”の間口・wikipedia-photo、「上階からカナル・グランデを望む」・wikipedia-photo、The Grat hall Mario Baratto: a detail・wikipedia-photo  (wikipedia・カ・フォスカリより)]

カメラ西方向がカ・フォスカリです。

カメラ位置はヴェネツィア大学校庭で、カメラ東方向がカ・フォスカリになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*