サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂

マーカーはサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂
[サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂(イタリア語: Santi Giovanni e Paolo, Venice)は、イタリアヴェネツィアにあるドミニコ会聖堂である。ヴェネツィア共和国歴代元首(ドージェ)の葬式などを執り行うなど(25人の元首がこの聖堂内に埋葬されている)、ヴェネツィア内でも大きな聖堂の1つである。
ゴシック建築を元にした煉瓦造りの巨大な聖堂であり、ヴェネツィアのドミニク会の主教会としての役割を果たしてきた。古代ローマの初期キリスト教聖人ジョンとポール(聖使徒ヨハネおよび聖パウロとは別人)に捧げられた聖堂である。
1246年に建設が始まったが、きっかけは時のヴェネツィア共和国元首ヤコポ・ティエポロが「沼地の上を白いハトの大群が飛ぶ夢」を見た事による。ティエポロはその沼地をドミニク会へと寄贈し聖堂が建設された。新たな聖堂の建設のため1333年に古い聖堂は取り壊され、現在の聖堂は1430年に完成した。
聖堂内は、葬式用や埋葬用のモニュメントや絵画が多くあり、聖遺物としてシエナのカタリナの足などが奉納されている。
聖堂の横には、ヴェネツィア共和国の傭兵隊長だったバルトロメーオ・コッレオーニの銅像が立っている。(アンドレア・デル・ヴェロッキオ作)
鐘楼にはニ長調の音階を奏でる3つの鐘がある。
「サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂の正面」・wikipedia-photo、聖堂内部・wikipedia-photo、ロザリーの礼拝堂・wikipedia-photo  (wikipedia・サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂より)]

カメラ東方向がサンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂です。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂拝廊のカメラです。

サンティ・ジョヴァンニ・エ・パオロ聖堂礼拝堂の360citiesです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*