サン・シメオン・ピッコロ教会

マーカーはサン・ジェレミア教会です。

サン・シメオン・ピッコロ教会(Chiesa di San Simeon Piccolo)
[サン・シメオン・ピッコロ教会は、イタリアヴェネツィア、のセスティエーレ(sestiere・区)のサンタクローチェ(Santa Croce)地区、カナル・グランデ(大運河)沿い、アドルド宮殿(Palazzo Adoldo)の右側、ヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅の向かいにあるカトリック教会です。
教会は、9世紀にアドルディ家(Adoldi)とブリオージ家(Briosi)によって設立されました。
教区の設立は、市の最初の行政構造が定義された11世紀にさかのぼりますが、奉献は確実に1271年6月21日までさかのぼります。
最初の教会はおそらく大聖堂の構造(3つの身廊)で、大運河と平行して建てられました。
この構造は、16世紀になると、完全に再構築するという決定につながるほどに衰退の兆候を示し始めました。
1718年、「マネラ(Manera)」として知られる教区司祭ジャンバッティスタ・モリーン(Giambattista Molin)の主導により、教会の再建はジョヴァンニ・アントニオ・スカルファロット(Giovanni Antonio Scalfarotto)の建築に委ねられました。建築は1738年4月27日の奉献で終わったと言えるでしょう。
ピッコロ教会正面・wikipedia-photo、夜景・wikipedia-photo、教会の内部・wikipedia-photo、高祭壇・wikipedia-photo]

サン シメオン ピッコロ – Google Map 画像リンク

カメラ南東方向がサン・シメオン・ピッコロ教会です。

サン・シメオン・ピッコロ教会地下のカメラです。