サン・マルコ広場

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    サン・マルコ広場
    [サン・マルコ広場(イタリア語:Piazza San Marco)はヴェネツィアの中心的な広場で、回廊のある建物に囲まれ、ドゥカーレ宮殿サン・マルコ寺院などがある。ヴェネツィアの広場は方言でカンポ(campo)と呼ばれるが、サン・マルコ広場は別格であり、ピアッツァ(piazza)と呼ばれる。世界で最も美しい広場とも言われており、観光名所のほか、海からの玄関口でもある。
    サン・マルコは、ヴェネツィアの守護聖人である福音記者マルコに、由来する。サン・マルコ寺院の聖堂の正面部分は柱廊に囲まれた台形になっていて、実際より奥行きがあるようにみえる。この台形広場(piazza)に、海に面したサン・マルコ小広場(Piazetta San Marco)が続いており、全体としてL字型になっている。小広場にはカナル・グランデに面して2本の円柱があり、それぞれ頂上には聖マルコを象徴する「有翼の獅子」像と、「聖テオドーロ(Theodore of Amasea)」像がある。中世にはこの柱の間に死刑執行台を設置したため、ヴェネツィアっ子は柱の間を通り抜けないという。
    広場に面する建物など
    ●ドゥカーレ宮殿 – Plazzo Ducale – 総督邸兼政庁。ため息橋で水路を隔てた牢獄と繋がっている。
    ●サン・マルコ寺院 – Basilica di San Marco – 11世紀に建てられたビザンティン建築(総督邸の礼拝堂が起源)
    サン・マルコの鐘楼 – Campanile di San Marco – 高さ約100m
    ●旧行政館 – Procuratie Vecchie – サン・マルコ寺院から見て右手。回廊が続く3階建の建物
    ●ムーア人の時計塔 – Torre del’Orologio – 旧行政館側にある。リアルト橋方面への出口の目印
    ●新行政館 – Procuratie Nuove – サン・マルコ寺院から見て左手の建物。
    ●カッフェ・フローリアン – Caffè Florian – 18世紀に創業。新行政館の1階にある。
    マルチャーナ国立図書館(サンソヴィニアーナ図書館) – Biblioteca Nazionale Marciana(Libreria Sasoviniana) – 建築家サンソヴィーノによるルネサンス建築(1536-1553年) 
    造幣局 – Zecca – サンソヴィーノによるルネサンス建築
    ●ナポレオン翼 – Ala Napoleonica – サン・マルコ寺院に対面する建物。ナポレオンが舞踏会などの会場として建てさせたため、この名がある。
    コッレール美術館 – Museo Civico Correr – ナポレオン翼に入り口
    ●考古学博物館 – Museo Archeologico
    ●リソルジメント博物館
    ●レオーニ小広場 – Piazetta dei Leoni – サン・マルコ寺院の左手(北側)
    『バシリカのあるサン・マルコ広場』カナレット (1730年)・wikipedia-photo、「アックア・アルタにより浸水したサン・マルコ広場」・wikipedia-photo、「サン・マルコ広場の平面図」・wikipedia-photo  (wikipedia・サン・マルコ広場より)]

    ヴェネツィア・カーニバル
    [ヴェネツィア・カーニバル(イタリア語:Carnevale di Venezia)はイタリアのヴェネツィアで年に一度開催される祭典であり、 2月末から3月初めまでの2週間行われる。
    ヴェネツィア・カーニバルが誕生したのは、アクイレイア総主教との抗争にヴェネツィアが勝利した1162年であるといわれる。人々はこの勝利を祝い、サン・マルコ広場に集って踊り始めた。ルネサンス期にはヴェネツィア・カーニバルは公式なものになったようだが、18世紀にはヴェネツィア・カーニバルは衰退していった。
    長い空白期間を経て、1979年にヴェネツィア・カーニバルは再開された。イタリア政府がヴェネツィアの歴史と文化を復活させ、自らの成果の目玉として伝統的な祭典を利用しようと試みたためである。現在、ヴェネツィア・カーニバルには約300万人の人々が来訪している。最も重要なイベントのうちの一つとして、カーニバル最後の週末に行われる仮面コンテストがある。国際的なコスチューム及びファッション・デザイナーが”La Maschera più bella” (最も美しい仮面) に審査員として投票する。
    ヴェネツィア・カーニバルの仮面と衣装を身にまとった参加者・wikipedia-photo  (wikipedia・ヴェネツィア・カーニバルより)]

    イタリア アカデミック・ツアー 大学をめぐる散策 – 書斎の窓 | 有斐閣

    サン・マルコ広場中央部のカメラです。

    カメラ位置はサン・マルコの鐘楼前で、カメラ方向右がサン・マルコ広場、左がサン・マルコ小広場です。

    カメラ北北西方向がサン・マルコ小広場で、手前に聖マルコと聖テオドーロの円柱、カメラ方向右がドゥカーレ宮殿、左がマルチャーナ国立図書館(サンソヴィニアーナ図書館)で、図書館の左・カナル・グランデに面して造幣局があります。

    カメラ北西方向がムーア人の時計塔です。また、カメラ北北東方向がレオーニ小広場です。

    カメラ南南東方向がカッフェ・フローリアンです。

    カメラ北方向がコッレール美術館入口です。(考古学博物館、マルチャーナ国立図書館(サンソヴィニアーナ図書館)もここが入口です。)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *