フォンダコ・デイ・テデスキ(Fondaco dei Tedeschi)

マーカーはフォンダコ・デイ・テデスキ(Fondaco dei Tedeschi)です。

フォンダコ・デイ・テデスキ(Fondaco dei Tedeschi)
[フォンダコ・デイ・テデスキ(ヴェネツィア: Fontego dei Tedeschi)は北部イタリアヴェネツィアカナル・グランデの近くにリアルト橋に位置する歴史的な建物である。市のドイツ(Tedeschi)商人の本部と制限された居住区でした。
1228年に最初に建設された建物は、火事で破壊された後、1505年から1508年の間に再建されました。再建により、壮大な中庭を囲む非常に機能的な4階建ての建物ができました。その建築様式は、イタリアルネサンス様式の典型です。フォンダコ・デイ・トゥルキのように、フォンダコ・デイ・テデスキは、宮殿、倉庫、市場、および人口の制限された居住区の機能を組み合わせました。この場合、主にニュルンベルクユーデンブルクアウクスブルクなどの都市のゲルマン商人です。
1階は水上からアクセス可能で、保管に使用され、1階はオフィス専用で、上部には約160の居住区がありました。ドイツ商人は、建物が13世紀に最初に建設された直後に入居し、ナポレオンの占領まで居住しました。それは都市国家の最も強力な商人の植民地の一つであり、その結果、フォンダコは東洋からアルプスに向かう商品の重要な貿易の中心地になりました。ヴェネツィア共和国は、フォンダコの取引の委託を受けました。
ドイツのコミュニティは、近くのカトリックのサン・バルトロメオ教会で礼拝しました。
20世紀には、この建物はイタリア郵便局(Poste italiane)のヴェネツィア本部として機能しました。
2008年、この建物はベネトングループに売却され、オランダの建築家レム・コールハースにルネサンスの建物に組み込む新しいショッピングセンターの計画を依頼しました。
ベネトンは、2012年末までに渡された建築許可と引き換えに、都市予算に600万ユーロの支払いを約束しました。このことはは、イタリアの歴史的遺産の保存を求めて運動するグループからの抗議を引き起こしました。
ヨーロッパ初となるDFSグループによる「T フォンダコ デイ テデスキ by DFS」は2016年10月1日にオープンした。]

ヴェネツィアに誕生した「T フォンダコ デイ テデスキ by DFS」を徹底解剖!

T Fondaco dei Tedeschi by DFS – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がフォンダコ・デイ・テデスキ(Fondaco dei Tedeschi)

「T フォンダコ デイ テデスキ by DFS」カナル・グランデからのエントランスのストリートビューです。

「T フォンダコ デイ テデスキ by DFS」中庭のストリートビューです。

「T フォンダコ デイ テデスキ by DFS」屋上のストリートビューです。