マドンナ・デッロルト教会

マーカーはマドンナ・デッロルト教会です。

マドンナ・デッロルト教会(Madonna dell’Orto)
[マドンナ・デッロルト教会は、イタリアヴェネツィアのセスティエーレ(sestiere・区)のカンナレージョ(Cannaregio)にある教会です。
教会は、内部に埋葬されているパルマのティベリオ(Tiberio da Parma)の指揮の下、14世紀半ばに、現在消滅した、贖罪と使徒的生活の実践を目的とした集団「フミリアティ」(Humiliati)によって建てられました。
当初は旅行者の守護聖人である聖クリストファーに捧げられていましたが、聖母マリアへの奉献を示唆する通称は、翌世紀に奇跡的なとされるマドンナの像「マドンナ・デッロルト」がS.マリアフォルモサ教会に預けようとしたところ拒否され、近くの果樹園(イタリア語ではorto)から衰退した当教会に運ばれたことに由来します。
教会は弱い財政基盤の上に置かれ、1399年に修復プロジェクトは市の主要評議会によって資金提供されました。
フミリアティは「堕落した習慣」のため、1462年に追放され、マドンナ・デッロルトは15世紀と16世紀のイタリア北部での修道院生活の改革運動に影響を及ぼした、canons regularの集団(Canons Regular of San Giorgio in Alga)に割り当てられました。
その後、1668年に抑圧され、翌年、教会と修道院が併合され、ロンバルディアシトー会に引き渡されました。
1787年に教会は行政下に置かれました。修復は1840年代にオーストリア帝国の支配下で始まり、ヴェネツィアが統一されたイタリア王国の一部となった、1869年に終了しました。
「マドンナ・デッロルト」ファサード・wikipedia-photo、「マドンナ・デッロルト」・wikipedia-photo、教会の入り口・wikipedia-photo、教会の内部・wikipedia-photo、入り口の上のオルガン・wikipedia-photo、洗礼のフォント・wikipedia-photo]

マドンナ・デッロールト教会 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がマドンナ・デッロルト教会です。

マドンナ・デッロルト教会拝廊のカメラです。

マドンナ・デッロルト教会祭壇前のカメラです。