国立マルチャーナ図書館

マーカーは国立マルチャーナ図書館です。

国立マルチャーナ図書館
[国立マルチャーナ図書館(イタリア語:Biblioteca nazionale Marciana)は、イタリアヴェネツィアサン・マルコ広場の一角に建てられたルネサンス建築の図書館である。マルチャーナとは、ヴェネツィアの守護聖人である聖マルコの事である。イタリアでも最も古い図書館の一つで、世界的に見ても随一の古い文献コレクションを保管している図書館である。
コレクション
ヴェネツィアの歴史と古典文献学を専門としており、本のコレクションは以下の様になっている。
●印刷物:622804冊
インキュナブラ:2887冊
写本:13113冊
●チンクエチェンティナ(Cinquecentina):24.069冊(16世紀の印刷物)
国立マルチャーナ図書館・wikipedia-photo  (wikipedia・国立マルチャーナ図書館より)]

[世界で最も美しいとナポレオンが絶賛したサン・マルコ広場は、地図1(画像リンク)に示すように、東はサン・マルコ寺院、北は旧政庁、西はナポレオン翼、南は新政庁に囲まれている。新政庁の2階には、マルチャーナ図書館の大広間があり、これを見逃すのはもったいない。
 しかし、大広間を探し出すのが大変である。第1に入口がわかりにくい。地図1に示すように、遠回りして、ナポレオン翼にあるコッレール博物館の入口から入らなければならない。途中の新庁舎の1階は、カフェやブランドショップが並び、観光客であふれ、こんな喧噪の建物の2階に図書館があるなどとは想像できないのである(画像リンク)。
第2に大広間までの経路が複雑で長い。地図1に示すように、ナポレオン翼から新市庁の2階を歩き、コッレール博物館と国立考古学博物館を通り抜けて、やっと図書館大広間に着く。入口から150メートルほどはある。  (「書斎の窓 2014年1月号 イタリア アカデミック・ツアー 大学をめぐる散策⑥ …」より)]

国立マルチャーナ図書館 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がナポレオン翼で、建物中央のサン・マルコ広場へのアクセス口右に国立マルチャーナ図書館、コッレール博物館への入場階段があります。

カメラ北方向が国立マルチャーナ図書館、コッレール博物館への入場口です。

カメラ西方向二階が国立マルチャーナ図書館です。

国立マルチャーナ図書館の大広間(モニュメンタル・ルーム)前室のストリートビューです。