市立自然史博物館

マーカーは市立自然史博物館です。

市立自然史博物館

[Google アートプロジェクト] – 「市立自然史博物館

[市立自然史博物館(イタリア語:Museo civico di storia naturale (Venezia))は、イタリアヴェネツィアにあるカナル・グランデに面する博物館である。ヴェネツィアの潟の自然や歴史をメインテーマとしており、11のヴェネツィアの美術館や博物館などから構成されるFondazione Musei Civici di Venezia(MUVE)の1つでもある。
13世紀、カナル・グランデに面するFondaco dei Turchiという商館が建造され、1381年にフェラーラの君主Niccolò II d’Esteに引き渡された。1621年から1838年の間はトルコ商人の商館となり、1865年に大規模な改修が行われ、1923年から現在の博物館となった。
博物館は植物学、昆虫学、動物の標本、化石、民族学などの所蔵品が約200万点にも及ぶ。また図書館には4万点の蔵書がある。
市立自然史博物館 (カナル・グランデから)・wikipedia-photo、博物館内に展示されているオウラノサウルスの化石・wikipedia-photo、博物館内の庭園・wikipedia-photo  (wikipedia・市立自然史博物館_(ヴェネツィア)より)]

フォンダコ・デイ・トゥルキ(Fondaco dei Turchi)
[宮殿の歴史は13世紀に遡ります。ペーザロの領主であり、ペーザロ家の創設者ジャコモ・パルミエリ(Giacomo Palmieri)の委嘱により1225年頃に建てられました。
1381年、ヴェネツィア共和国は、ジェノヴァ共和国と戦ったキオッジャの戦いの支援を受けるために、フェラーラの領主であるニッコロ2世・デステ(Niccolò II d’Este)に寄付する目的で所有者になりました。しかし、2つの海上共和国間の力強い政治的関係に応じて、建物が何度か許可および押収されたため、建物のデステ一族の財産は不連続でした。建物のこの一族の所有権は、共和国が明示的にそれを要請した教皇ユリウス2世に寄贈するためにアルフォンソ1世・デステからそれを押収した1509年に終了しました。
後に教皇レオ10世に渡り、彼はそれを高位のアルトベッロ・アベロルディ(Altobello Averoldi)に寄贈しました。
1527年、ヴェネツィア共和国は宮殿が共和国に戻ったため、それをデステ一族に返しました。しかし、1602年にこの一族はそれをアルドブランディーニ(Aldobrandini)枢機卿に売却し、アルドブランディーニ枢機卿は1618年にアントニオプリウリ(Antonio Priuli)に売却しました。
1608年には、トルコの商人の手に渡り、フォンダコ・デイ・トゥルキ(Fondaco dei Turchi)の名称で呼ばれました。
17世紀初頭から1838年まで、フォンダコは、ヴェネツィアのオオスマン帝国(つまり「テュルク系民族」)の拠点の1つの建物で、トルコ人のゲットーとして機能しました。
フォンダコ(「ストアハウス」を意味するアラビア語「fonduk」起源の言葉)は、フォンダコ・デイ・テデスキ(Fondaco dei Tedeschi)がドイツ商人の本部と制限された居住区として機能したように、トルコ商人の為の住居、倉庫、市場の組み合わせとして機能しました。
フォンダコとその居住者には、ゲットーへの出入りが可能な特定の時間や取引を含む多くの制限が設けられました。とりわけ、ヴェネツィアのトルコ人はワックス、原油、羊毛を都市に輸入しました。
トルコの商人は1797年にナポレオン・ボナパルトによってヴェネツィア共和国が征服されて共和国が廃止された後、1838年までフォンダコに住み続けました。
その後、ペザロ(Pesaro)に、そしてマニン(Manin)に譲渡されました。
1860年、ヴェネツィア市は80,000フローリンでそれを購入し、大改修の後にコッレール博物館が移転してきました。
1865年にコッレール博物館サン・マルコ広場に移転し、1923年以降、ヴェネツィア自然史博物館が収容されています。]

カメラ南方向が市立自然史博物館です。

市立自然史博物館入口門前のカメラです。

市立自然史博物館入口のストリートビューです。

市立自然史博物館中庭のストリートビューです。

市立自然史博物館展示室の一つのストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*