(ヴェルサイユ宮殿)

    下地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックすると、上地図がそのマーカーポイントにズームし、下地図にマーカーポイントの吹き出しが表示されます。また、吹き出しにもリンクを設定しています。

    ヴェルサイユ・リヴ・ドロワ駅ヴェルサイユ=シャトー駅球戯場の誓い(テニスコートの誓い)171番バスヴェルサイユ宮殿前停留所馬車ギャラリー
    ルイ14世騎馬像アルム広場名誉の中庭王の門ロイヤル・コートマーブル・コート宮殿の歴史回廊王室礼拝堂ヘラクレスの間豊饒の間ヴィーナスの間ディアナの間マルスの間メリクリウスの間アポロンの間鏡の間閣議の間王の寝室王妃の寝室貴人の間グラン・クヴェールの控えの間衛兵の間戦闘の回廊
    水庭ラトナの泉水アポロンの泉水大水路大トリアノンマリー=アントワネットの離宮(小トリアノン)王妃の村里ドラゴンの泉水、ネプチューンの泉水

    ヴェルサイユ宮殿 – Google Map 画像リンク

    [ヴェルサイユ宮殿はパリの南西22キロに位置し、イヴリーヌ県ヴェルサイユにあります。
    ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世(在位:1643年 – 1715年)が建造した宮殿で、そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。ルイ14世をはじめとした王族と、その臣下が共に住むヴェルサイユ宮殿においては、生活のすべてが絶対王政の実現のために利用され、その結果さまざまなルール、エチケット、マナーが生まれました。
    宮殿の建設よりも労力を費やされている噴水庭園には、宮殿建設の25,000人に対し、36,000人が投入されています。
    主な部分の設計はジュール・アルドゥアン=マンサールシャルル・ルブランによっておこなわれ、庭園はアンドレ・ル・ノートルによって造営されました。バロック建築の代表作で、豪華な建物と広大な美しい庭園で有名です。  (wikipedia・ヴェルサイユ宮殿より)]

    Googleとのパートナーシップにより、ヴェルサイユ宮殿は2012年6月14日歴史ギャラリーをオープンしました。大アパルトマンの見学のプロローグとして、11室を使って見学者がこれから目にするであろう宮殿の豊かさや機能に関する展示が行われています。ここでは、ヴェルサイユ宮殿のコレクション、実際のモデル、そして3Dでの再現が交互に紹介されています。  (「宮殿の歴史ギャラリー – 新しい展示室 – ヴェルサイユ宮殿3D – Versailles」より)

    ヴェルサイユ宮殿の入場料・行き方・開館・基本情報ガイド | Jams Paris

    チケットと料金 – ヴェルサイユ宮殿

    ヴェルサイユ宮殿2階見取り図

    Google アートプロジェクト

    ルイ13世から革命まで

    革命後のヴェルサイユ宮殿

    庭園からトリアノン宮殿まで