豊饒の間

マーカーは豊饒の間です。

豊饒の間
[王宮の居室では、夜になると、この豊饒の間が軽い飲み物を提供する場所として、ビュッフェにはカフェ、ワイン、リキュールなどが供されました。この部屋はまた、ルイ14世(在位:1643年 – 1715年)の「好奇心または珍重の小部屋」とも呼ばれ(その後、ルイ16世(在位:1774年 – 1792年)の遊戯の間になった)、奥の扉から通じていました。王は重要な訪問客に、ここに保管されている金銀細工の壷、宝石、メダルを見せることを好みました。ヴォールトの装飾もそれを反映しています。特に扉の上に描かれた大きな大帆船を見ることができます。船の形をしたマストのない貴重な王の大帆船は、重要な出来事の機会には王のテーブルの上か、あるいはビュッフェ・テーブルの上に置かれていました。その前を通り過ぎるときに人々は敬礼する必要があった権力の象徴で、王のナプキンが入れてありました。  (「国王の大居室 – ヴェルサイユ宮殿」より)]

ヴェルサイユ宮殿2階見取り図

カメラ位置は豊饒の間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*