海商都市リヴァプール

[海商都市リヴァプール(Liverpool – Maritime Mercantile City)は、イングランドの港町リヴァプールの街区を対象とするユネスコ世界遺産リスト登録物件である。この物件は、ピア・ヘッド (Pier Head) 、アルバート・ドック (Albert Dock) 、ウィリアム・ブラウン・ストリート (William Brown Street) をはじめ、多くのランドマークが含まれるリヴァプール中心市街の6つの区画を対象としている。
2004年に世界遺産リスト登録が決定した。
登録対象
●ピア・ヘッド – ピア・ヘッド (the Pier Head) は、「スリー・グレイシズ」(Three Graces、美を司る3女神)と呼ばれるロイヤル・リヴァー・ビルディング (Liver Building) 、ドック・ビルディング (Port of Liverpool Building) 、キューナード・ビルディング (Cunard Building) が存在している場所である。この地域はリヴァプールの水辺の中心的位置にあり、19世紀から20世紀にかけての港の繁栄ぶりを伝えるものとなっている。
ピアヘッドの「三美神」と呼ばれるビルディング群・wikipedia-photo
●アルバート・ドック – アルバート・ドックはピア・ヘッドの南に位置し、美術館テート・リバプール、マージーサイド海洋博物館 、ビートルズ・ストーリー (The Beatles Story) などの観光名所が存在している。ジェシー・ハートリー (Jesse Hartley) によって設計され1846年に開かれたアルバート・ドックの倉庫は、木材を用いず鉄、レンガ、石だけを使った世界初の完全耐火倉庫である。今日、ドックの建造物群や倉庫群は、イギリスの保護対象建造物群 (listed buildings) でグレード1に分類されているものの中では、最大級である。
「アルバート・ドックのパノラマ」・wikipedia-photo、「夜のアルバート・ドック」・wikipedia-photo
●スタンリー・ドック保存地域 – スタンリー・ドック保存地域 (The Stanley Dock Conservation area) は、ピア・ヘッドの北に位置し、リヴァプールのドックの心臓部を包含している。この地域には、数多くの乾湿両方のドック、橋梁、倉庫などが残されており、特に倉庫には世界最大級のレンガ建造物であるスタンリー・ドック・タバコ倉庫 (Stanley Dock Tobacco Warehouse) が含まれている。
●キャッスル・ストリート保存地域 – 「商業街区」キャッスル・ストリート保存地域 (The ‘Commercial Quarter’/Castle Street Conservation Area) の対象になっているのは、中世のリヴァプールの姿を伝えるものであり、キャッスル・ストリート (Castle Street) 、オールド・ホール・ストリート (Old Hall Street) 、ヴィクトリア・ストリート (Victoria Street) 、ウォーター・ストリート (Water Street) 、デイル・ストリート (Dale Street) などが含まれている。今日ではリヴァプールの商業活動の中心地となっているが、これが世界遺産登録対象に含まれているのは、3世紀以上の街路の発展による建築の壮大さに負っている。
●ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域 – 「文化街区」ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域 (The ‘Cultural Quarter’/ William Brown Street Conservation Area) は、リヴァプールの市営建造物群 (civic buildings) の集まる地域である。世界遺産登録対象になっている特に有名な建物としては、セント・ジョージ・ホール (St Georges Hall) 、ライム・ストリート駅 (Lime Street Station) 、ウォーカー・アート・ギャラリー、ワールド・ミュージアム (World Museum Liverpool・ウィリアム・ブラウン図書館&博物館) 、旧グレート・ノースウェスタン・ホテル (the former Great North Western Hotel) 、クイーンズウェイ・トンネル入り口 (the entrance of the Queensway Tunnel) などである。
「ウォーカー・アート・ギャラリー」・wikipedia-photo
●ロープウォークス – ロープウォークス(The Ropewalks、縄作り場)は、カレッジ通り (College Lane) の2つの倉庫やスクール通り (School lane) のブルーコート・チェンバーズ (Bluecoat Chambers) などとともに、デューク・ストリート保存地域 (Duke Street Conservation Area) の南西部を構成している。この区画は、リヴァプールが新興の港町であった時分から存在していたものである。また、1715年に建てられたブルーコート・チェンバーズは、リヴァプール中心部に現存する建造物としては最古のものである[12]。その界隈が世界最初の enclosed wet dock であるオールド・ドック (Old Dock) に近いことは、デューク・ストリート、ハノーヴァー・ストリート、ボールド・ストリート沿いに倉庫や住宅を建てていった初期の不動産投機業者たちの用地であったことを意味している。この地域には、船長、商人、貿易業者、職人たちが住みついて、すぐにコスモポリタンな雰囲気を醸成していった。現在のこの地域はロープウォークと呼ばれているが、これは18世紀から19世紀にかけて世界で最も賑わっている港の一つであった頃に、縄製造場が多くあったことに因んでいる。  (wikipedia・海商都市リヴァプールより)]

リヴァプールのページへリンク

世界遺産「海商都市リヴァプール」の内、ピア・ヘッド、アルバート・ドック、ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域について表示しています。
下地図右のリストをクリックすると、上の地図にその場所がズーム表示、下地図に情報ウインドウが表示され情報ウインドウ内のリンクをクリックするとマーカーポイントのページが表示されます。また、「初期設定」ボタンをクリックすると初期画面に戻ります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *