アグア門

マーカーはアグア門です。

アグア門(スペイン語:Portal del Agua)
[下のカメラ位置はコミュニティ広場(Plaza de La Comunidad)です。

コミュニティ広場の南東にアルマス広場(Plaza de Armas)があり、その左側にラ・エンガラダの円形の塔があり、正面にアグア門(市の 4 つの門の 1 つ)のアーチがあります。

アグア門は、川から水を汲むために直接アクセスできるため、その名前が付けられました。四角形の塔で保護されており、木製のバルコニーで終わる階段からアクセスできます。時々一般公開されており、本物の中世の塔の内部を見学することができます。
通りを下りてアーチを通過すると、壁の外に出ることができます。つまり、川に行くという過去と同じ意味でポータルを使用して都市を離れることになります。

壁の外には、壁がその効果を失ったときに建てられたいくつかの小さな家があります。川の対岸には、 ラ・ムエラ という名前の岩だらけの岬が目立ち、トゥリア川(別称・グアダラビアル川)のもう一つの蛇行に相当します。その頂上には監視塔 (ラ ムエラまたはエントランバサスグアスの塔) が建てられましたが、現在は失われていますが、その使命は包囲された場合に都市に水を供給できるようにすることでした。アラゴン王ペドロ3世(在位:1276年 – 1285年) は市を占領するためにそれを破壊する必要があり、サン ミゲルの日 (1284 年 9 月 29 日) にそれを達成しました。

川に下りる場合は、最も混雑するルートの 1 つであるリバーウォークのツアーに参加できます。このツアーでは、アルバラシンをあらゆる角度から眺めながら川の蛇行に沿って歩くことができます。  (「Ciudad de Albarracín」より)]

[アグア門は、包囲攻撃された場合に都市に水を供給できるようにするために作られ、川の対岸のムエラの塔によって保護されていましたが、ムエラの塔も保存されていません。アグア門は、外側に向かう半円形の石積みアーチと、内側に向かう低めのアーチで構成されています。アーチの上には小さな衛兵所(Casa del guarda)があります。城壁の内側から階段を上がると、隣接する塔にアクセスできます。平面は正方形で、その上に胸壁を備えた厚い石積みの壁があります。  (wikipedia・Murallas de Albarracínより)]

アグア門前のカメラです。