アッシジのコムーネ広場

マーカーはアッシジのコムーネ広場です。

アッシジのコムーネ広場
[コムーネ広場は、アッシジの市庁舎 (プリオーリ宮殿内)がある広場です。この市庁舎の他にも、カピターノ デル ポポロ宮殿や 13 世紀のポポロ塔など、興味深い建物が数多くあります。
プリオーリ宮殿は、異なる時代に建てられた 3 つのセクションで構成され、現在は市庁舎とアッシジ観光局が入っています。興味深い絵画館が1 階にあります。1933 年以前は別の場所にありましたが、現在の邸宅の方が優れたコレクションに適していると考えられました。
カピターノデル ポポロ宮殿の歴史は 1282 年に遡ります。元々はポポロ宮殿の本部であり、その後ポデスタ(当時は選挙で選ばれた市の統治者) の邸宅でしたが、その元の名前は、それ以来使用されているにもかかわらず、今でも使用されています。他の機能が与えられます。
広場を守る 13 世紀の塔は、ポポロの塔、つまり「人民の塔」と呼ばれています。この塔も数段階に分けて建設され、上部は 1305 年まで完成しませんでした。
コムーネ広場は、アッシジの古代ローマのフォーラムの場所の近くに建てられました。考古学的遺跡は最近修復され、記念碑の一部を訪れることができます。
ミネルヴァ神殿(紀元前 1 世紀)のファサードは今も現存しており、1539 年にサンタ マリア ソプラ ミネルヴァ教会に組み込まれました。1600 年に教会は (建築家ジョルジェッティの指揮のもと) 修復され、聖フィリッポ ネーリに捧げられました。6 本の柱とコリント式首都を備えたオリジナルのファサードがそのまま残されています。
寺院の向かい、広場の反対側にはゴベルナトーレ宮殿があり、 17 世紀にラファエリーノ デル コッレによってグロテスクが描かれたヴォルタ ピンタ(La Volta Pinta)を見ることができます。
パラッツォ ボナキスティは、コムーネ広場にある 16 世紀のルネッサンス様式の宮殿です。現在、この建物はフォンダツィオーネ カッサ ディ リスパルミオ ディ ペルージャが所有しています。この銀行はその建物を博覧会やコンベンションに使用しています。入り口の上には、最初の所有者であるガレアッツォ・フィリッポ・ポンポニオ・ボナッキスティの名前が刻まれた碑文があります。
広場内の建物はすべて 15 世紀以前のものですが、パラッツォ デッレ ポステの前にある3 頭のライオンの噴水は、ずっと後の 1762 年にジョヴァンニ マルティヌッチによってそこに設置されました。  (「アッシジ コムーネ広場」より)]

Church of Santa Maria sopra Minerva in Assisi – Google Map 画像リンク」「Torre del Popolo – Google Map 画像リンク」「La Volta Pinta – Google Map 画像リンク」「Libreria Tipografia Zubboli – Google Map 画像リンク」「Roman Forum and Archaeological Museum – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がミネルヴァ神殿(サンタ マリア ソプラ ミネルヴァ教会)で、その左方向がポポロの塔、ポポロ宮殿、カメラ南方向がゴベルナトーレ宮殿で、宮殿中央アーチ内天井にグロテスクが描かれています。その右隣がパラッツォ ボナキスティで、カメラ西北西方向広場端に市立博物館があります。

Palazzo dei Priori – Google Map 画像リンク」「Fonte di Piazza del Comune – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が 3 つのセクションで構成されているプリオーリ宮殿(市庁舎とアッシジ観光局)で、カメラ東南東方向に3 頭のライオンの噴水があります。