アッシジのサン・ピエトロ教会

マーカーはアッシジのサン・ピエトロ教会です。

アッシジのサン・ピエトロ教会(イタリア語:Chiesa di San Pietro (Assisi)、英語:Abbey of Saint Peter (Assisi))
[サンピエトロ教会と修道院は、聖フランシスコに関連するアッシジの他の教会とともに、ユネスコ世界遺産リストに登録されています。1997 年の地震の後、5 年間にわたる大規模な修復が必要でした。
サン ピエトロの修道院と教会は、 10世紀の終わり頃、かつてローマの墓地があった場所に設立されました。教会を建てたベネディクト会はおそらく戦略的な場所を考慮してこの場所を選んだでしょう。
この修道院はおそらく、元々はアッシジの初代司教に捧げられたサン ヴェットゥリーノ修道院の別館のようなものでした。荒廃した後、ヴェットゥリーノの遺物はサン ピエトロ教会に移されました。
13 世紀前半、この修道院の歴史はアッシジの聖フランシスコの歴史と絡み合うようになりました。
1252年頃、ベネディクト会は修道院をシトー会に引き渡した。彼らは、1254 年に教皇インノケンティウス 4 世(在位:1243年 – 1254年)によって奉献された教会の建設を完了しました。彼らは、サン ルフィーノ大聖堂と大聖堂と同時に、1254 年に教皇インノケンティウス 4 世によって奉献された修道院と教会の建設を完了しました。サン・フランチェスコ大聖堂
1316 年に市壁が拡張されました。その結果、聖ペテロ教会は城壁の中に位置することになりました。
教会の歴史における黒いページは、1577 年に世俗の司祭の同胞団に引き渡されたときに始まりました。同胞団が修道院を運営してきた 36 年間で、写本や神聖な装飾品のほとんどが失われてしまいました。
1613 年にベネディクト会の修道士たちが戻り、新たな繁栄の時代が始まりました。複合施設全体が改装され、ほぼ現在の外観になりました。
1799 年、修道院はナポレオンの軍隊によって禁止されました。1810 年に病院に改装され、数年間その機能を維持しました。
新しく設立されたイタリア国家も修道院の禁止を決定したとき、サン・ピエトロ教会はそこで子供たちに農民の生活を教えられたため免れた。1892 年にこれは廃止されましたが、修道院は残りました。
サンピエトロ教会は、アッシジにある最後の典型的なベネディクト会教会​​の 1 つです。その理由は、13世紀以降、市内にフランシスコ会教会のみが建設を許可されたためです。
モンテ・スバシオの近くで見つかった典型的なピンク色の石が主な建築材料として使用されました。ファサードコーニスで区切られた 2 つのレベルで構成されています。ポータルの上にはバラ窓があります。中央のドアと中央のバラ窓は両方とも側面のドアや窓よりも大きいです。
牧師館の左側には 14 世紀のサクラメント礼拝堂があり、マッテオ ダ グアルド(Matteo da Gualdo)が描いた「聖母子」の三連祭壇画があります。
左側の身廊の先頭にある礼拝堂には、12 世紀の「ロザリオの聖母」があります。
牧師館には数多くの墓碑もあります。
教会内には小さなサン ピエトロ博物館もあります。
甚大な被害をもたらした 1997 年の地震の後、教会は 2002 年にようやく再開されました。  (「アッシジのサン ピエトロ教会」より)]

Chiesa di San Pietro (Chiesa Abbazia di San Pietro) – Google Map 画像リンク

サン・ピエトロ教会前広場からのカメラです。