アッシジのサン・フランチェスコ門

マーカーはアッシジのサン・フランチェスコ門です。

アッシジのサン・フランチェスコ門
[サン フランチェスコ門は最も古い市門の 1 つで、元々はペルージャから到着する訪問者の入り口の門でした。15世紀に改修が行われました。その後追加されたフレスコ画が 1911 年に発見されました。アッシジへの最もよく保存された玄関口の 1 つです。  (「アッシジのシティゲート」より)]

[サン フランチェスコ門はアッシジの聖フランチェスコ大聖堂の近くにあり、今でも街への最も重要な門の 1 つです。14世紀に建てられました。
サン フランチェスコ門が建設される前は、約 400 メートル離れた場所に、ポルテラ ディ パンソと呼ばれる別の市門がありました。14 世紀にこれは取り壊され、現在の門は大聖堂のかなり近くに建てられました。
大きな丸いアーチが特徴的な門です。門の隣には銃眼のある塔があります。これは、市内を取り囲む長さ約 5 キロメートルの防御壁の一部です。
サン・フランチェスコ門は、駅に戻る必要がある人向けのバス停の近くにあります。  (「アッシジ サン フランチェスコ門」より)]

Porta San Francesco – Google Map 画像リンク

サン・フランチェスコ門前のカメラです。

サン・フランチェスコ門内のカメラです。