アッシジのヌオーヴァ教会

マーカーはアッシジのヌオーヴァ教会です。

アッシジのヌオーヴァ教会(イタリア語:Chiesa Nuova (Assisi)、英語:Chiesa Nuova, Assisi)
[ヌオーヴァ教会は、文字通り「新しい教会」と訳され、1615 年にアッシジの聖フランシスコが24 歳になるまで家族と暮らした生誕地に建てられました。この聖人は、サン・ダミアーノ教会の修復のために財産を手放した後、父親によってここに閉じ込められていました。(聖フランシスコの父親は彼が商人になることを望んでいたでしょう。)
ヌオーヴァ教会の平面図はギリシャ十字架で、十字架の各腕に小さなドームがあり、中央に大きなドームがあります。このデザインは、ローマのサンテリージョ・デリ・オラフィ教会(Chiesa di Sant’Eligio degli Orefici)にあるラファエロのデザインにインスピレーションを得たものです。
入り口の上にある文字は、「フランシスコの両親の家は神の神殿となったが、フランシスコが父親によって閉じ込められていた刑務所は今も見える」という意味です。
教会前の広場には、ロベルト ジョッポロ( Roberto Joppolo )が彫刻したサン フランチェスコの両親を描いた像があります。
教会の建設はスペイン国王フィリッポ 2 世(在位:1556年 – 1598年)によって大部分が資金提供されました。  (「アッシジ ヌオーヴァ教会」より)]

ヌオーヴァ教会 Chiesa Nuova – Google Map 画像リンク

ヌオーヴァ教会前広場からのカメラで、教会右にサン フランチェスコの両親を描いた像があります。

ヌオーヴァ教会内のカメラです。