アッシジのポルツィウンコラ教会のサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会

マーカーはアッシジのポルツィウンコラ教会のサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会です。

アッシジのポルツィウンコラ教会のサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会(イタリア語:Basilica di Santa Maria degli Angeli、英語:Papal Basilica of Saint Mary of the Angels in Assisi)
[アッシジのポルツィウンコラにあるサンタ・マリア・デリ・アンジェリ大聖堂はルネサンス時代に建てられ、とりわけ、元々はベネディクト会の古代礼拝堂であるポルツィウンコラがあり、聖フランシスコは1209年に聖フランシスコ会での会合の後、ここでフランシスコ会を設立しました。当時のローマ教皇イノチェンツォ3世(在位:1198年 – 1216年)と聖フランシスコも、やがてここで息を引き取ることになります。
ポルツィウンコラは、サン フランチェスコが生涯の多くを過ごし、最終的に亡くなった場所です。この礼拝堂はもともとスバシオのベネディクト会修道士のものでした。名前の由来は、ポルティウンクラと呼ばれたこの地域自体にあります。
ポルツィウンコラは荒廃した後、聖フランシスコ自身のおかげで修復されました (1207 年から 1208 年)。聖人はまた、サン・ダミアーノ教会とサン・ピエトロ・アッラ・スピナ教会( San Pietro alla Spina )も修復させました。
キアラ ディ ファヴァローネ ディ オフレドゥッチョ(アッシジのキアラ)が聖フランシスコから慣行を受け取り、貧しいクラレス騎士団を設立したのもポルツィウンコラでした。
1216 年 8 月 1 日、サン フランチェスコはここでイエスからペルドノ ダッシジ( Perdono d’Assisi )の免罪符を与えられる幻を見ました。教皇ホノリウス3世(在位:1216年 – 1227年)はこれを確認し、信者は8月の最初の2日間に免罪符を求めてここに来ることができるようになった。当初、この受け取りはサン・マリア・デリ・アンジェリ教会でのみ受けられましたが、現在ではすべてのフランシスコ会教会とアッシジのすべての教区教会で受けられるようになりました。
ポルツィウンコラは現在サンタ マリア デジ アンジェリ教会の一部となっており、この教会のドームの真下に位置しています。
聖フランシスコが亡くなった日は 1226 年 10 月 3 日です。毎年この日に、聖フランシスコを讃える祝賀会が開催されます。
サンタ マリア デッリ アンジェリ教会は、長さ 126 メートル、幅 65 メートル、高さ 75 メートルの世界最大の教会の 1 つです。
通路の近くのガラスの展示ケースには、聖フランシスコのベルトが展示されています。  (「アッシジのポルツィウンコラ教会のサンタ・マリア・デリ・アンジェリ教会」より)]

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂 Basilica di Santa Maria degli Angeli – Google Map 画像リンク

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂全景

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂正面ファサードのカメラです。

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂正面扉のカメラです。

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂拝廊のストリートビューです。

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂内のポルツィウンコラ教会前のストリートビューです。

サンタ・マリア・デリ・アンジェリ聖堂内のポルツィウンコラ教会内のカメラです。