アッシジ サン・ルフィーノ大聖堂

マーカーはアッシジ サン・ルフィーノ大聖堂です。

アッシジ サン・ルフィーノ大聖堂(イタリア語:Cattedrale di San Rufino、英語:Assisi Cathedral)
[アッシジのサンルフィーノ大聖堂は聖フランシスコではなく、街の 2 番目の聖人サン ルフィーノ(San Rufino)に捧げられています。伝統によれば、この聖人の遺骨は大聖堂の主祭壇の下に埋葬されています。12 世紀に建てられたこの教会は、1997 年の地震後に完全に修復されました。
アッシジのドゥオーモは、ボナ・マーテル(Bona Mater)に捧げられたローマ神殿があった場所に建てられたと言われています。
ジョヴァンニ ダ グッビオ(Giovanni da Gubbio)は1135 年に教会の最初の建設を担当しましたが、古代ローマの槽の上に建てられた四角い鐘楼だけがその証拠として残っています。
その後の改修と装飾 ( 1571 年のアレッシオによるものと、19 世紀末の再建を含む) により、現在の外観にさらに貢献しました。
ファサードトラバーチン大理石とスバシオ(Subasio)の古典的な白とピンクの石を組み合わせたもので、中央のルネット、3 つのバラ窓 (中央の窓は福音記者のシンボルで飾られている)、および 3 つの入り口の門の 3 つの部分で構成されています。
大聖堂の内部は 3 つの身廊と 10 の側面礼拝堂で構成され、16 世紀にアレッシィ(Alessi)によって改装されました。
中に入ると、美しいフレスコ画、博物館があり、右側の身廊の先頭には、聖フランシスコとサンタ キアラが洗礼を受けたと言われる洗礼台があります。
教会の下にはサン ルフィーノの遺跡が納められた地下室があります。
サンタ キアラの生家は大聖堂の鐘楼の隣にあります。  (「アッシジ サン・ルフィーノ大聖堂」より)]

Cathedral of San Rufino – La Cattedrale di San Rufino – Google Map 画像リンク

アッシジ サン ルフィーノ大聖堂ファサード前広場からのカメラです。

アッシジ サン ルフィーノ大聖堂拝廊のカメラです。

身廊のカメラです。

内陣前のカメラです。

祝福された秘跡の礼拝堂(Cappella del Santissimo Sacramento)のカメラです。