アモレイラ水道橋

マーカーはFonte de Santa Mónicaです。

アモレイラ水道橋(ポルトガル語:Aqueduto da Amoreira、英語:Amoreira Aqueduct)
[アモレイラ水道橋は、ポルトガルポルタレグレ県エルヴァス市にあります。
アモレイラ水道橋は、2012 年にユネスコ世界遺産に登録された「国境防衛都市エルヴァスとその要塞群」複合施設の一部です。
アモレイラの地域とエルヴァスの街を結びます。長さ 8.5 km、アーチと柱が重なり合った 843 個のアーケードがあり、高さは最大 31 メートルで、イベリア半島最大の水道橋と考えられています。
水道橋には一連の異なる回廊があり、最初のゾーンは地下にあり、その上には半円形のバットレスで補強された四角柱で支えられた最大 4 つの重なり合ったアーチによって形成されています。
ウマイヤ朝のヒスパニア征服(Conquista omeya de Hispania)以来、エルヴァスの街には、古い聖公会宮殿の近くにあるアルカラ井戸から水が供給されてきました。しかし、15 世紀以降、人口の増加により、都市に水を供給するには井戸が不足してしまいました。
ポルトガルのマヌエル 1 世(在位:1495年 – 1521年)の治世の初めに、彼は中世の井戸の保存工事を行うための税金「リアル デ アグア(real de agua)」の免除を承認しました。これらの工事では供給問題は解決できなかったため、地元当局はアモレイラ町の郊外から市の中心部に水を運ぶ水道橋の建設を考えました。
1537 年、ポルトガル王フアン 3 世(在位:1248年 – 1279年)は、新しいエルヴァス水道橋のプロジェクトの実行に、当時アレンテージョ地方の建築主任者であり、エヴォラ銀の水道橋(Acueducto de Água de Prata)の建築者でもあった建築家のフランシスコ・デ・アルーダ(Francisco de Arruda)を任命しました。工事は同年に始まり、運河の長さがサンフランシスコ修道院に達する 1542 年まで続きました。最初の 6 キロメートルを過ぎると導管のアーチのサイズを大きくする必要があったため、これに続いてより複雑な設計が実行されました。水道橋の建設のために市の住民に課される税金は年々増加し、工事はますます高価になっていきました。
1547 年に資金不足のため工事は中断されましたが、1571 年に再開されました。この 2 回目の工事キャンペーンは技師アフォンソ・アルバレス(Afonso Álvares)によって指揮され、1580 年まで続きましたが、スペイン王フェリペ 2 世(在位:1556年 – 1598年)がポルトガル王位に就いたため、工事は新たに中断されました。
工事は 17 世紀初頭に再開され、1610 年頃には、ミゼリコルディア広場に水を運ぶために水道橋の高さを高くするために水道橋のプロジェクトを修正する必要があると結論づけられました。この決定により、エンジニアリング作業に関連した現実的な困難だけでなく、プロジェクトのコストが高かったこともあり、作業の完了はさらに遅れました。 最後に 1620 年に、水道の水は市の最初の城壁の内側を流れ、古いラ マグダレナ教会(Iglesia de la Magdalena)の近くに建てられた仮の噴水に到達しました。1622 年にフエンテ・デ・ラ・ミゼリコルディア(Fuente de la Misericordia)が完成しアモレイラ水道橋の建設は終了しました。
ポルトガル王政復古戦争中、戦略的に重要な国境都市であるエルバスの防衛は必須となっています。水道橋の位置が新たな要塞の建設の障害となったため、軍の工兵たちはポルトガル王ジョアン 4 世(在位:1640年 – 1656年)の支援を得て水道橋を破壊することを提案した。エルヴァス市はこの措置に反対し、エルヴァスの本拠地総督であるサン・ロレンツォ(San Lorenzo)伯爵が国王への嘆願書を取りまとめ、国王もそれを支持した。
戦時中の都市の供給困難を克服するために、技術者のニコラス・デ・ラングル(Nicolás de Langres)によって設計され、1650 年代に「アーチ型で防爆」のモデルに従って建設された貯水槽が建設され、地下パイプを介して水道に接続されました。
20世紀後半に、 最高部のいくつかのアーチが破壊されましたが、独自の技術を使用して修復されました。
1910 年以来、国定記念物(Clasificación del patrimonio en Portugal)に指定されています。
エルヴァスのアモレイラ水道橋・wikipedia-photo、アモレイラ水道橋・wikipedia-photo、1864 年のアズレージョ タイルの 1 つを示すアモレイラ水道橋のねじれと道路(N372)・wikipedia-photo  (wikipedia・es.Acueducto de Amoreiraより)]

アモレイラ水道橋西端付近のカメラです。

N372と交差するアモレイラ水道橋

アモレイラ水道橋最大の高さ付近のカメラです。

終点付近のアモレイラ水道橋