アルカソバ門(ミラデイロ門)

マーカーはアルカソバ門(ミラデイロ門)です。

アルカソバ門(ミラデイロ門)
[ミラデイロ門としても知られるアルカソヴァ門は、エルヴァス市の原始的な城壁帯のアーチで、当時のヤルバシュ (Yalbash・現在のエルヴァス(Elvas)) のイスラム領時代に建てられました。
建物はまっすぐな入り口ドアと、その両側にわずかに突き出た 2 つの巨大な四角形の塔で構成されています。 その建設には花崗岩が使用されたことが知られています。
後の時代にこの入口の南側で都市が開発されたことにより、イスラム占領後何世紀にもわたって大きな変化が見られずに残ったため、構造を強化する必要がなくなった可能性があります。 現在、アーチはほぼ完全に半円アーチとなっていますが、当時はドアには 180 度を超える角度を描く馬蹄形のアーチ(Arco de ferradura)があり、構造上の問題のため 1887 年に修正されました。
エルヴァスのミラデイロ門・wikipedia-photo、ミラデイロ門の背面・wikipedia-photo  (wikipedia・pt.Porta da Alcáçova (Arco do Miradeiro)より)]

最初のイスラムの壁
[8 世紀に始まったイスラム教徒によるエルヴァスの占領は、町に大きな変化をもたらしました。 バタリヤウス (バダホス) (Batalyaws (Badajoz))近くの最高の場所にあるその軍事的重要性を認識した彼らは、その世紀後半に城壁で周囲を囲むことを決定しました。
この壁は、当時村を構成していた小さな村を取り囲んでおり、3 つの門がありました。 トライソン門 (Porta da Traição (Poterna・裏切り者の門) – 城と直接通じている)、ミラデイロ門のアルカソヴァ門 (内側のドアと外側のドアがある村への入り口)さらに下に行くと、現在パティオ・ド・ガンソソ (Pátio do Gançoso) とテンプロ門(Porta do Templo)にアクセスできます。
この最初のイスラム教徒の壁のうち、テンプロ門やアルカソバ門(ミラデイロ門)など、観光客が訪れることができる一部のセクションが保存されています。  (「Primeira Cerca Islâmica – Município de Elvas」より)]

Arco do Miradeiro – Google Map 画像リンク

アルカソバ門(ミラデイロ門)前のカメラです。