アルバラシンの城壁(アンダドールの塔)

マーカーはアンダ・ドールの塔です。

アルバラシンの城壁(アンダドールの塔)
[アルバラシンの壁は、海抜 1,171 メートルに位置するテルエル県アルバラシンの自治体を取り囲んでいます。アルバラシン市の歴史的建造物群(Conjunto histórico de Albarracín)の一部です。
現在のサンタ マリア教会がその中心となった場所には、すでに西ゴート族の人々が住んでいました。10 世紀には、サンタ マリア教会、アルカサル・デ・アルバラシン、アンダドールの塔 (Torre del Andador)、入り口ドア (ポルタル デ イエロ・Portal de Hierro) を含む最初の防御囲いが建設されました。その後、11 世紀に城壁の周囲が拡張され、3 つの新しいポータルが開かれました。テルエルのポータル(Portal de Teruel・現在は消滅しています。)、モリーナのポータル(Portal de Molina)、そしてアグアのポータル(Portal del Agua)です。アルバラシン包囲戦 (1284 年) の後、アラゴン王ペドロ 3 世(在位:1276年 – 1285年)はアルバラシン市と領土(Señorío de Albarracín)を征服しました。この日以降、特に 14 世紀に、城壁、特に壁の改善と拡張のための主要な工事が行われました。その防衛上の重要性は 18 世紀に失われ、スペイン継承戦争と新国家基本法 (Decretos de Nueva Planta)の公布後、スペイン王フェリペ 5 世(在位:1700年 – 1724年、1724年 – 1746年)が要塞を解体しました。
アルバラシンの城壁は、町の歴史的中心部を完全に取り囲む、さまざまな増築によって形成された強靭な囲いです。アルバラシンは、現在のサンタ マリア教会の前身である古代ローマ以前のサンタ マリア教会の周囲にある小さな西ゴート族の村として生まれました。その位置は、その起源から防御の場所としての可能性を示しています。最初の防御囲いは、イスラム教徒の占領中(アンダルス)の 965 年頃に建設され始めました。サンタ・マリア教会とアルカサルも含まれていました。城は3つの門で守られており、そのうち現在の門のみが残っています。同時代のアンダドールの塔の塔もあります。この塔は山の頂上に位置するため、上空からのあらゆる脅威を監視することができ、市の人口が増加する 11 世紀まで要塞化された囲いに結合されませんでした。そしてバヌ・ラジン(Banu Razin)が統治するアルバラシン・タイファの首都となった。 拡張のため、元の鉄の門は新しい囲いの中に残され、3 つの新しい門を開ける必要がありました。東のテルエル門は現在消滅しています。 西にはモリーナの門、そして南にはアグア門があります。モリーナ門は、正方形の平面を持つ 2 つの塔と、それらの間に大きな切石の空洞を持つ半円形のアーチで構成されています。アグア門は、包囲攻撃された場合に都市に水を供給できるようにするために作られ、ムエラの塔によって保護されていましたが、ムエラの塔も保存されていません。アグア門は、外側に向かう半円形の石積みアーチと、内側に向かう低めのアーチで構成されています。アーチの上には小さな衛兵所(Casa del guarda)があります。城壁の内側から階段を上がると、隣接する塔にアクセスできます。平面は正方形で、その上に胸壁を備えた厚い石積みの壁があります。
1169 年にこの都市はアサグラ(Azagra)家の手に渡り、1284 年に都市を包囲した後、アラゴン王ペドロ3世が都市を征服するまで独立した領土として維持されました。このとき、城壁に囲まれた城壁の大部分が改修されましたが、これもアラゴン王ハイメ 2 世(在位:1291年 – 1327年)、ペドロ 4 世(在位:1336年 – 1387年)、フェルナンド2世(在位:1479年 – 1516年)によって行われました。レコンキスタの終了とアラゴンとカスティーリャの王朝統合により、18 世紀にスペイン王フェリペ 5 世が要塞の解体を命じるまで、その防衛上の重要性は徐々に失われてきました。
サンタ・マリア教会の隣にある白い塔(Torre Blanca)は、13 世紀以前に建てられました。
ペドロ 4 世の城壁は、城壁が北東に拡張された 14 世紀のものです。これらは石積みは壁の厚さ 1.60 メートル、高さ 12 メートルで、角柱状の塔の間の距離は約 40 メートル、塔の高さは 16 メートルです。現在見ることができる遺跡はこの段階のものです。
アルバラシンの城壁・wikipedia-photo  (wikipedia・Murallas de Albarracínより)]

アンダドールの塔の塔
[アンダドールの塔の塔は、アルバラシン城壁の防御囲いの最も高い部分にあります。これは、決議: 1931 年 6 月 3 日、公布: 1931 年 6 月 4 日で、アルバラシンの要塞群の残りの部分とともに国定記念物として宣言されました。 アルバラシン市の歴史的建造物群の一部です。
この塔は当初、11 世紀初頭まで城壁に取り付けらず、独立した監視塔でした。 それはおよそ10世紀にまで遡ることができます。
アルバラシンの最高地点に位置し、その形、大きさ、そしてどの角度から見ても目立つ状況が特徴です。岩に掘られた人工の堀で守られています。この塔はカリフの建設工事であり、アルカサルやムエラの塔(Torre de la Muela)とともに、この都市の占領を困難にした戦略的三角形の一部を形成しています。この塔は敵軍の最初の攻撃に耐えなければなりませんでした。それは底面が 10 メートル×7 メートルの四角形で、胸壁がなく、他のイスラム教徒が建てた記念碑で見られるタイプの装備です。
アンダドールの塔の塔・wikipedia-photo  (wikipedia・Torre del Andador (Albarracín)より)]

カメラ西方向がアンダドールの塔の塔です。

カメラ東南東方向がアンダドールの塔の塔です。

カメラ東方向がアンダドールの塔の塔です。

アンダドールの塔の塔下・擁壁上から見たアルバラシン。