スコットランド国立美術館

マーカーはスコットランド国立美術館です。

[Google アートプロジェクト] – 「スコットランド国立美術館

スコットランド国立美術館(英語: National Gallery of Scotland)
[スコットランド国立美術館はスコットランドエディンバラにある国立美術館。精緻な新古典主義様式の建物で、エディンバラ中央部のマウンド (The Mound) と呼ばれる人工的な丘陵地帯に建てられている。建物はスコットランド人建築家ウィリアム・ヘンリー・プレイフェア (William Henry Playfair) の設計によるもので、1859年に開館した。1912年には隣接する王立スコットランド・アカデミー (Royal Scottish Academy) とともにウィリアム・トマス・オルドリーヴによって改築されている。改築終了後の再開館時には、スコットランドとヨーロッパ諸国美術の常設展示に力が入れられていた。
「プレイフェア・プロジェクト」と名づけられた、スコットランド国立美術館と王立スコットランド・アカデミーを地下でつなぐウェストンリンク (The Weston Link)の設置が2004年に完成し、講義室、研究施設、ショップ、レストラン、タッチスクリーン仕様の仮想コレクションギャラリーなどが併設された。この二つの建物の間には近代的な広場が設置されており、エディンバラ城やプリンセス・ストリート(Princes St)を一望することができる。
スコットランド国立美術館・wikipedia-photo  (wikipedia・スコットランド国立美術館より)]

スコットランド国立美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がスコットランド国立美術館です。

スコットランド国立美術館展示ホールのカメラです。

ベンジャミン・ウエスト作『スタッグの死(The Death of a Stag)』(制作年・1786年)

カメラ北東方向中央がルイ・ゴーフィエ(Lusis Gauffier)作『クレオパトラとオクタビアン(Cleopatra and Octavian)』(制作年・1787-1788年)、その左がジャン=バティスト・グルーズ作『ビーズのカナリアを持つ少女(A Girl with a bead Canary)』(制作年・1765年)です。

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ作『海から上がるヴィーナス』(制作年 1520年頃)

カメラ初期設定中央、ピーテル・パウル・ルーベンス作『The Feast of Herod』(1635-1638年)、左壁、アンソニー・ヴァン・ダイク作『The Lomellini Family』(1625-1627年)。次の壁、右端ヨハネス・フェルメール作『マリアとマルタの家のキリスト』(1654-1656年)、中央ヤン・ウェーニクス(Jan Weenix)作『Landscape with Huntsman and Dead Game』(1697年)、左端ピーテル・ヤンス・サーンレダム作『Interior of the church of St. Bavo’s Church Haarlem』(1648年)。

ヨハネス・フェルメール作『マリアとマルタの家のキリスト

ヤン・ステーン作『村の学校(The Village School)』(1670年頃)

フィンセント・ファン・ゴッホ作『オリーブの木』(1889年11月)

(スコットランド国立美術館のフィンセントファンゴッホの絵画)
[1889年5月8日、ファン・ゴッホは、サル牧師に伴われ、アルルから20キロ余り北東にあるサン=レミのサン=ポール=ド=モーゾール修道院(Monastère Saint-Paul-de-Mausole)療養所に入所した。ファン・ゴッホは、療養所の一室を画室として使う許可を得て、療養所の庭でイチハツの群生やアイリスを描いた。また、病室の鉄格子の窓の下の麦畑や、アルピーユ山脈の山裾の斜面を描いた。6月に入ると、病室の外に出てオリーブ畑や糸杉を描くようになった。同じ6月、アルピーユの山並みの上に輝く星々と三日月に、S字状にうねる雲を描いた『星月夜』を制作した。
ファン・ゴッホの病状は改善しつつあったが、アルルへ作品を取りに行き、戻って間もなくの同年(1889年)7月半ば、再び発作が起きた。8月22日、ファン・ゴッホは「もう再発することはあるまいと思い始めた発作がまた起きたので苦悩は深い。……何日かの間、アルルの時と同様、完全に自失状態だった。……今度の発作は野外で風の吹く日、絵を描いている最中に起きた。」と書いている。9月初めには意識は清明に戻り、自画像、『麦刈る男』、看護主任トラビュックの胸像、ドラクロワの『ピエタ』の石版複製を手がかりにした油彩画などを描いた。また、ミレーの『野良仕事』の連作を模写した。ファン・ゴッホは、模写の仕事を、音楽家がベートーヴェンを解釈するのになぞらえている。以降、12月まで、ミレーの模写のほか『石切場の入口』、『渓谷』、『病院の庭の松』、『オリーブ畑』、サン=レミの『プラタナス並木通りの道路工事』などを描いた。  (wikipedia・フィンセント・ファン・ゴッホ#サン=レミ(1889年5月-1890年5月)より)]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*