ヨーク・アート・ギャラリー

マーカーはヨーク・アート・ギャラリーです。

[Google アートプロジェクト] – 「ヨーク・アート・ギャラリー

ヨーク・アート・ギャラリー(英語:York Art Gallery)
[イギリスヨークにあるヨークアートギャラリーは、14世紀から現代までの絵画、版画、水彩画、ドローイング、陶器のコレクションがあるパブリックアートギャラリーです。2013年に大規模な再開発のために閉鎖され、2015年の夏に再開されました。建物は、グレードII(Categories of listed building)に指定された建物です。ヨーク・ミュージアム・トラスト(York Museums Trust)が管理しています。
ギャラリーは、1879年の第2回ヨークシャー美術工芸展の中心スペースとして恒久的な建物を提供するために作成されました。1866年の最初は、ブーサム・アサイラム(Bootham Asylum)の敷地内に一時的な木造家屋を建設しました。1866年7月24日から10月31日まで開催された1866年の展示会には40万人以上が参加し、組織委員会の純利益は1,866ポンドでした。1867年4月のこの委員会の会議は、「芸術と産業の奨励に捧げられる恒久的な建物を提供するためにこの余剰金を適用する」ことを約束しました。その結果、エドワード・テイラー(Edward Taylor)というヨークの建築家によって設計された新しく建てられた建物に収容された第2の展示会が開発されました。提案されたギャラリーの189の図面、水彩画、スケッチのシリーズは、1874-1878年にテイラーによって制作されました。建物の建築計画は、この時期に「エリザベス朝」スタイルから「イタリア」スタイルに大きく変わりました。どちらも最終設計では完全に実現されませんでした。 建物は1879年5月7日に最初にオープンしました。
1879年の展示会場は、「ベアパークス・ガーデン(Bearparks Garden)」として知られる中世のセント・メアリー修道院(St Mary’s Abbey)の敷地内でした。それは、家と旧バード・イン・ハンド・ホテル(Bird in Hand Hotel)の解体によって整地された展示広場になったものが正面にあります。18の石像、彫刻が施されたティンパナム、14のモザイクで飾られた意図的な壮大な古典的なファサードは、経済的な理由で行われず、代わりにヨークのアーティスト、ウィリアム・エティ(William Etty・画家)、ジョン・カー(John Carr・建築家)、ジョン・カミデ(John Camidge・音楽家) とジョン・フラックスマン(John Flaxman・彫刻家)による「レオナルドがフランシスIの腕の中で期限切れになっている」と「マイケルがモーセを見せている」を表す2つのタイル張りのパネルが装飾されました。建物の後ろには、機械の付属物がある大きな一時的な展示ホールがありました。 展示場は1909年まで会議、コンサート、その他の機能に使用され続け、第二次世界大戦まで取り壊されませんでした。
1879年の展覧会に続いて、改名されたヨークシャー・ファイン・アート・アンド・インダストリアル・インスティテューション(Yorkshire Fine Art and Industrial)は、恒久的な美術展の創設を目指しました。ヨークのコレクターであるジョン・バートン(John Burton・1799–1882)の19世紀の絵画100枚の遺贈によって大きな後押しが与えられ、贈答作品と初期には2つの主要な一時貸付コレクションで補われました。1888年に北ギャラリーはヨーク美術学校にリースされ、1890年にそこからミンスター・ヤードに移されました。
ヨーク市議会は1892年に建物とコレクションを購入しました。一時的な夏の展覧会は1903年に終了しましたが、ヨークの芸術家ウィリアム・エッティ(William Etty)の作品の主要な展覧会が1911年に開催され、地元の彫刻家ジョージ・ウォーカー・ミルバーン(George Walker Milburn)の像が外に建てられました。
1888年に北棟はヨーク・アート・スクール(York Art School)にリースされ、1905年にさらに階が追加されました。その後、この棟から学校は移転され、1977年から2012年まで市のアーカイブを保管しました。
第二次世界大戦の開始までの期間はささやかな成長の1つでした。主要なイベントは、1931年にヨークの版画、デッサン、水彩画のウィリアム・アーサー・エブリン(William Arthur Evelyn)のコレクションを購入したことです。建物は、第二次世界大戦の勃発時に軍事目的で要求され、閉鎖され、1942年4月29日のベーデッカー・ブリッツ(Baedeker Blitz)中に爆弾の被害を受けました。
ギャラリーは1948年に再開され、1951年から52年にかけて大規模な修復が行われた後、ハンス・ヘス(Hans Hess)の指揮の下で大規模な運命の復活が始まりました。彼は1948年に設立されたヨークアートコレクション協会(後のヨークアートギャラリー)と国立アートコレクション基金(National Art Collections Fund)の支援を受けて重要な買収を行い、その後1955年に100以上のヨーロッパ大陸オールド・マスターの絵画コレクションをFD.リセット・グリーン(FD Lycett Green)から寄贈されました。ヘスと彼の後継者の下で体系的に構築された結果、ギャラリーには、特に影響力のあるスタイルを代表するフランスの作品を含む19世紀後半と20世紀初頭の作品の英国コレクションがあります。
1963年、ギャラリーにはエリック・ミルナーホワイト(Eric Milner-White)の陶器コレクションが贈られました。
1990年代および2000年代に、コレクションは他の主要な寄贈と貸付、特にWA.イスメイ(WA Ismay)とヘンリー・ロスチャイルド(Henry Rothschild・1913–2009)の寄付によって補完されました。
ギャラリーは2005年に445,000ポンドの改修を受け、3月19日に再開されました。
2013〜15年の修復には800万ポンドの費用がかかり、ギャラリーは2015年8月1日に再開し、2002年以来初めて入場料を徴収しました。新しい課金構造でギャラリーが再開された最初の年には、入場料がなかった2011年から2012年に比べて、訪問者数が120,000人以上から91,896人に減少しました。
ヨークアートギャラリーとスタンレーハウ(Stanley Howe)によるウィリアム・エッティの彫像・wikipedia-photo、展示広場内にあるギャラリー・wikipedia-photo、ファサード・wikipedia-photo、ウィリアム・エッティの像・wikipedia-photo、正面のモザイクパネル・wikipedia-photo、ヨーク・アート・ギャラリー裏側・wikipedia-photo、「友人のドメニキーノ(Domenichino)によるジョヴァンニ・バッティスタ・アグッキ(Giovanni Battista Agucchi)の肖像、1615-1620」・wikipedia-photo、「ウィリアム・エッティ作『仮装用ボールの準備(Preparing for a Fancy Dress Ball)』(1835年)」・wikipedia-photo]

ヨーク・アート・ギャラリーホームページ

ヨーク・アート・ギャラリー平面図(「York Art Gallery – Simpson & Brown Architects」より)

ヨーク・アート・ギャラリー – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がヨーク・アート・ギャラリーで、広場にウィリアム・エティの像があります。

ヨーク・アート・ギャラリー、エントランスホールのストリートビューです。

ヨーク・アート・ギャラリー 0 階展示ホールのストリートビューです。

ヨーク・アート・ギャラリー 1 階展示ホールのストリートビューです。

ウィリアム・エッティ作『仮装用ボールの準備(Preparing for a Fancy Dress Ball)』(1835年)

ドメニキーノ(Domenichino)作『ジョヴァンニ・バッティスタ・アグッキ(Giovanni Battista Agucchi)の肖像』(1615-1620年)

ウィリアム・エッティ作『森の家族』(1836年)

ジョン・リネル作『収穫のゆりかご』(1859年)

フレデリック・ダニエル・ハーディ(Frederick Daniel Hardy)作『子供たちが遊んでいるコテージのインテリア』(1860年)( 1人は太鼓を叩き、他の人はバスビーを着た少年を見ています。 兵士が制服を着てメダルを持って遊ぶ子供と一緒にバックグラウンドに座っています。 彼のそばに男性がパイプを持って立っており、女性が火のそばに座っています。)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*