ヴィクトリア&アルバート博物館

マーカーはヴィクトリア&アルバート博物館です。

[Google アートプロジェクト] – 「ヴィクトリア&アルバート博物館

ヴィクトリア&アルバート博物館
[ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)は、現代美術・各国の古美術・工芸・デザインなど多岐にわたる400万点の膨大なコレクションを中心にした国立博物館でロンドンケンジントンにある。ヴィクトリア_(イギリス女王)(1819-1901年)とアルバート_(ザクセン=コーブルク=ゴータ公子)(1819-1861年)が基礎を築いた。略称「V&A」。最寄り駅はサウス・ケンジントン。ロンドン自然史博物館、人類学博物館、サイエンス・ミュージアムなどに隣接している。ロンドン万国博覧会_(1851年)の収益や展示品をもとに、1852年に産業博物館として開館した。1857年、現在のサウス・ケンジントンに移転しサウス・ケンジントン博物館と名を改める。もともと、ヴィクトリア朝の産業・技術の発展を背景に、イギリスの工芸品やインダストリアルデザインの質を高め、工業の振興を図るための博物館として構想された。こうした、殖産興業・デザイン発展のために博物館を作るという構想は1830年代からサー・ヘンリー・コールらを中心に政府内部にあったものの、その実現はヘンリー・コール自身が立案したロンドン万博成功を待たねばならなかった。製造業の労働者たちにデザインの重要性を啓蒙する教育機関を目指していたため、当初入場料は徴収しなかった。1899年、ヴィクトリア&アルバート博物館と改称。1909年に現在の建物が竣工している。
博物館の外観・wikipedia-photo、「エントランスホール。2000年、ガラス彫刻家デイル・チフーリのシャンデリアが設置された。」・wikipedia-photo  (wikipedia・ヴィクトリア&アルバート美術館より)]

カースト・コート
[博物館の内装は、ほとんどが国立美術学校の学生たちの手で行われました。学校の創作室がこの場所にあったのです。博物館と美術学校の関係は、1990年代に美術学校(現ロイヤル・カレッジ・オブ・アート)が新しい校舎に移転するまで続きました。初期に完成した建物において最も印象的な内装は、1873年に開設されたカースト・コートです。ここにはローマのトラヤヌスの記念柱など、彫刻や建築装飾の石膏レプリカが収められています。  (「博物館内装と外観 | V&A JP」より)]

ヴィクトリア&アルバート博物館平面図

ルーム詳細はヴィクトリア&アルバート博物館パンフレットをご覧ください。

ヴィクトリア&アルバート博物館のアクセス・見どころ・カフェ

ヴィクトリア&アルバート博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がヴィクトリア&アルバート博物館です。

-1階のカメラです。Cromwell Road エントランス 0階から接続。

DOME 0階のカメラで、カメラ反転方向が50A室になります。

DOME 1階歩廊からのカメラです。

50A室のカメラです。

50B室のカメラです。

48A室(ラファエロのカルトン)のカメラです。
[『ラファエロのカルトン』は、ルネサンス盛期の芸術家ラファエロ・サンティが描いた、ヴァチカン宮殿システィーナ礼拝堂の特別な儀典のときにのみ内装に飾られるタペストリの制作用下絵(カルトン)。原寸大で10点のカルトンが描かれたが、現存しているのはイギリス王室のロイヤル・コレクションが所蔵する7点のみで、1865年からはロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館への貸与絵画として一般公開されている。  (wikipedia・ラファエロのカルトンより)]

46室上階廊下から見た46A室カースト・コートです。

カメラ位置は46A室カースト・コートです。

46室上階廊下から見た46B室カースト・コートです。

カメラ位置は46B室カースト・コートです。

ジョン・マジェスキー庭園(The John Madejski Garden)のカメラです。

サックラーの中庭(The Sackler Courtyard)