フェッラーリ広場、メトロ駅(デ・フェリーチェ)

    上地図右のサードバーのマーカーポイント名をクリックするとマーカーポイントの吹き出しが表示されます。

    フェッラーリ広場(Piazza De Ferrari)
    [フェッラーリ広場は、ジェノヴァの歴史的な街の中心部となる広場で、周辺にジェノヴァの金融とビジネスの中心の意思多数のオフィスビル、銀行、保険、およびその他の民間企業の本社がある。フェラーリ広場の主要なモデルチェンジと一緒に、近年に復元された噴水がよく知られています。
    政治家であり銀行家でもあるガリエラ公爵のラファエーレ・デ・フェラーリ(Raffaele De Ferrari)にちなんで名付けられた広場は、その後の都市の介入により不規則な形をしており、異なる建築様式によっても証明されるように、都市的に差別化された2つの隣接する地域の 建物の統一を決定しました。 総面積は約11,000m²です。
    現在の広場の外観は、20世紀の最初の20年間に形をとり、XX・セッテンブレ通り(via XX Settembre)(建設年・1892-1901年)、ダンテ通り(via Dante)とペトラルカ通り(via Petrarca)(建設年・1901-1915年)の3つの通りが建設されました。そして、S.アンドレアの丘の発掘によって得られた地域に、4つの大きな企業や機関の事務所となる折衷主義建築(stile eclettico)の建物が1899年から1923年にかけて建設された。
    反対側には、19世紀前半にカルロ・バラビノ(Carlo Barabino)が旧サン・ドメニコ広場に建てた建物の新古典主義建築カルロフェリーチェ劇場(1827)と美術アカデミー(Accademia ligustica di belle arti)(1831)の建物があります。
    最後に、歴史的中心部に面した広場の側面には、16世紀に遡るが19世紀に作り直されたドゥカーレ宮殿と他の2つの歴史的建物の側面が見渡せます。
    かつてS.ドメニコ教会(Chiesa di San Domenico)のファサードがあった劇場の前のスペースには、彫刻家アウグストリバルタ(Augusto Rivalta)によるジュゼッペガリバルディの騎馬像があります(制作・1893年)。
    1936年以来、広場の中央には大きな青銅の噴水があり、建築家ジュゼッペ・クロサ・ディ・ヴェルガーニ(Giuseppe Crosa di Vergagni)によって設計され、すぐに、ジェノヴァ灯台と共に、主要な都市のシンボルの1つになりました。
    フェッラーリ広場・wikipedia-photo、フェッラーリ広場の噴水・wikipedia-photo、広場の北西側にあるカルロフェリーチェ劇場とガリバルディの像・wikipedia-photo、ジュゼッペ・ガリバルディの騎馬像・wikipedia-photo、同名の地下鉄の近くで見られるフェラーリ広場とリグーリア宮殿・wikipedia-photo、リグーリア州の宮殿・wikipedia-photo、背後にあるパラッツォデッラボルサと噴水・wikipedia-photo、夕方のフェラーリ広場・wikipedia-photo
    ウィキメディアコモンズには、フェラーリ広場の画像またはその他のファイルが含まれています。]

    フェッラーリ広場 – Google Map 画像リンク」「Monumento a Garibaldi – Google Map 画像リンク

    カメラ位置はフェッラーリ広場で、カメラ南南西方向に復元された噴水が、カメラ北北東方向にカルロ・フェリーチェ劇場、その手前にメトロ駅(デ・フェリーチェ)があります。

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *