ヴァッカ門

マーカーはヴァッカ門です。

ヴァッカ門(Porta dei Vacca)
[もともとはサンタ・フェデ(Santa Fede)門と呼ばれたヴァッカ門は、近くの教会の名前から(1926年に分離され、現在は市役所の所在地です)、またソッタナ門(Porta Sottana)という愛称で呼ばれ、再建されたソプラナ門(Porta Soprana)とは対照的に、12世紀の建造のジェノバの城壁の一部です。
17世紀にデイ・ロッリ(ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度)の2つの宮殿に組み込まれたため、西からカンポ通り(via del Campo)へのアクセスの門は都市開発を生き延びました。山側の塔はMarc’Aurelio Rebuffo宮殿に、海側の塔はLomellini-Serra宮殿に併合されました。1782年、塔は石板で覆われ、窓も開かれました。
門は1960-61年に海側の塔に限定された工事で修復されました。そのため、山側の塔には1782年にG.B.ペレグリーニ(G.B. Pellegrini)によって実装された被覆がまだあります。海側の塔は、グラムシ通り(via Gramsci)に面した建物との関連で隠された領域を除き、元の外観を取り戻しました。
ヴァッカ門・wikipedia-photo
ウィキメディアコモンズには、 Porta dei Vaccaの画像またはその他のファイルが含まれています。]

Porta di Vacca – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がヴァッカ門で、右の海側の塔が元の外観を取り戻した塔で、左の山側の塔が1782年にG.B.ペレグリーニ(G.B. Pellegrini)によって実装された被覆が残る塔です。

カメラ南南東方向がヴァッカ門です。

カンポ通り(via del Campo)からのヴァッカ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*