ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世橋

マーカーはヴィットーリオ・エマヌエーレ1世橋です。

ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世橋
[ポー通りVia Poは、カステッロ広場からポー川に面して広がるヴィットリオ・ヴェネト広場Piazza Vittorio Venetoにつながる通りです。トリノ名所の一つの通りであり、両側にポルティコが並び、遠景には丘の上のグラン・マードレ・ディ・ディオ教会chiesa Gran Madreの正面が臨めます。ショップ、歴史的カフェ、古本露店、新聞雑誌売店などが立ち並ぶユニークなポー通りではどんな時間帯でもきままな散策を楽しめます。ヴィットリオ広場には多種多様な歴史的なカフェやレストランがあります。夏にはムラッツィMurazzi(ポー川沿い散歩道)付近で、バール、クラブ、レストランなどが大勢の人で混みあいます。ポー通りの前方(ヴィットリオ・ヴェネト広場に接続)に見える橋が、ヴィットリオ・エマヌエル一世橋Ponte Vittorio EmanueleIであり、ナポレオン時代に建設されました。  (「ピエモンテ州 政府公式ページ-トリノの見所」より)]

[ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世橋は、トリノを占領していた、ナポレオン・ボナパルトの軍隊が建設したもで、ナポレオン撤退後、市民はこの橋を破壊しようとしました。しかし、ヴィットーリオ・エマヌエーレ1世が「フランス人を毎日踏みつけにしていると思えば、愉快ではないか!」と言って、橋は破壊されずに、残った。現在でも、ナポレオン橋とも呼ばれている。  (「イタリア統一150周年 初代首都トリノで娘と再会 NO1」より)]

Ponte Vittorio Emanuele I – Google Map 画像リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*