ボルゲーゼ美術館

マーカーはボルゲーゼ美術館です。

ボルゲーゼ美術館(英語:Galleria Borghese、イタリア語:Galleria Borghese)
[ボルゲーゼ美術館は、ローマにある美術館。イタリアルネサンスおよびバロック美術を中心としたボルゲーゼ・コレクション を所蔵することで知られる。ローマ市内、広大なボルゲーゼ公園 の一画にあるこの美術館には、ボルゲーゼ家歴代の美術コレクション(ボルゲーゼ・コレクション)が展示されている。ボルゲーゼ家はシエナ出身の貴族で、パウルス5世_(ローマ教皇)を出した名門である。美術館の建物は、シピオーネ・ボルゲーゼ(1576- 1633年)が夏の別荘として建てたもので、1613年ごろ着工。完成は1616年(1621年とする資料もある)。設計者はオランダ人のヤン・ファン・サンテン (Jan van Santen) である。
ボルゲーゼ美術館・ファイル:Galleria_borghese_facade.jpg、「ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作 『プロセルピナの略奪』」・ファイル:RapeOfProserpina.jpg  (wikipedia・ボルゲーゼ美術館より)]

ボルゲーゼ美術館の見どころとアクセス ローマ | イタリア情報

ボルゲーゼ美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向がボルゲーゼ美術館です。

ボルゲーゼ美術館エントランスホールのカメラです。

ボルゲーゼ美術館 0階 大ホールのカメラです。

1階第1室 – パオリーナ・ボルゲーゼ・ボナパルテは、別名「勝利の女神」と呼ばれているアントニオ・カノーヴァの作品。

1階第2室 – ダビデ像 ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ作品、カメラ南西方向・歪んだ画像、西暦2世紀初頭・作者不詳「Aphrodite and Eros

「Aphrodite and Eros」

1階第3室 – アポロンとダフネ ベルニーニ作品、カメラ反転の壁にはドッソ・ドッシ. c.作「Melissa」があります。

1階第4室 – ベルニーニによる「プロセルピナの略奪」

1階第6室 – カメラ初期設定方向・真実 ベルニーニ作品、カメラ反転室中央・エネアとアンキーゼ ベルニーニ作品

1階第8室 – ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオの作品。カメラ初期設定方向左から「聖アンナと聖母子」、「ゴリアテの首を持つダビデ」、下「病めるバッカス」、カメラ反転壁中央「洗礼者ヨハネ」、右下「書斎の聖ヒエロニムス」、左下「果物籠を持つ少年

ドメニキーノ. c. の作品「狩りをする女神ディアナ

ボルゲーゼ美術館庭園のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*