ローマ歌劇場

マーカーはローマ歌劇場です。

[Google アートプロジェクト] – 「ローマ歌劇場

ローマ歌劇場
[ローマ歌劇場(Teatro dell’Opera di Roma)は、イタリアローマにある歌劇場。1880年11月に開場したコスタンツィ劇場がその前身である。数度にわたる名称の変遷、改修工事を経て、現在は総席数約1,600の歌劇場である。ローマ・オペラ座とも訳される。
「コスタンツィ劇場」の名前はこの劇場を建てた施主、ドメニコ・コスタンツィ(1810年 – 1898年)の名に由来する。彼は私財をもってこの劇場を計画し、設計をミラノの劇場建築家アキーレ・スフォンドリーニに委嘱した。ローマ皇帝ヘリオガバルスの邸宅がかつてあった用地にこの新歌劇場は18か月で完成し、1880年11月27日、ジョアキーノ・ロッシーニセミラーミデ』の上演で開場した。
1907年にコスタンツィ劇場は支配人ヴァルター・モッキ率いるSocietà Teatrale Internazionale e Nazionale (STIN) に買収され、1912年から1925年まではモッキの妻であるソプラノ歌手、エンマ・カレッリを支配人として興行が行われた。
1926年11月にコスタンツィ劇場はローマ市庁によって買収され、王室歌劇場 (Teatro Reale dell’Opera) と改称された。建築家マルチェッロ・ピアチェンティーニの設計による部分改築が行われ、15か月の休場の後、1928年2月27日、アッリーゴ・ボーイトの『ネローネ』によって再開場した。
王政から共和政への政体の変化に伴い、歌劇場はローマ歌劇場 (Teatro dell’Opera di Roma) と再改称された。1958年にはローマ市庁によって更なる改修・近代化が行われた。今回もマルチェッロ・ピアチェンティーニが設計を行い、ファサード、入口、ロビーなどに大規模な変更がなされた。空調設備もその後取り付けられたが、劇場の良好な音響は現在でも保持されている。現在の総席数は約1,600である。
ローマ歌劇場・wikipedia-photo  (wikipdia・ローマ歌劇場より)]

オペラ座 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がローマ歌劇場です。

ローマ歌劇場エントランスのストリートビューです。

ローマ歌劇場ステージ上のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*