ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ

マーカーはロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォです。

ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ(Loggia del Mercato Nuovo)
[ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォは、市の中心部にあり、ヴェッキオ橋からわずか数ステップです、16世紀の半ばごろに建てられた。当初、市場は絹や高級品の販売を対象にしていました。今は皮革製品や有名な麦わら帽子のお土産が売られています。このロッジアに設置してあるポルチェリーノ(Porcellino)はイタリア語で「子豚」と言う意味ですが、ここでは、ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ(新市場)のイノシシ像の事を言います。イノシシの「鼻を撫でると幸せになれる」、「口からコインを入れて排水溝に流れるともう一度フィレンツェに来れる」などと言われ観光客に人気のスポットです。ここにある像はレプリカでオリジナルはウフィツィ美術館にある。
「ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ」・wikipedia-photo、「ミケーレ・ディ・ランドの女神」・wikipedia-photo、ポルチェリーノの青銅・wikipedia-photo、「夜のロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ」・wikipedia-photo]

Mercato del Porcellino / Mercato Nuovo – Google Map 画像リンク」、「ポルチェッリーノの噴水(子豚の噴水) – Google Map 画像リンク

カメラ南西方向がロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォです。

ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ内・夜のカメラです。

カメラ初期設定方向にイノシシ像があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*