歴史地形博物館 “過去のフィレンツェ”

マーカーは歴史地形博物館 “過去のフィレンツェ”です。

歴史地形博物館 “過去のフィレンツェ”
[この建物の歴史は1287年にまでさかのぼり、かつては病院を兼ねた修道院だったという。修道院の向かいに「サンタ・マリア・ヌオーヴァ病院」が新設され、1936年には病院の役割を終えた。その後、一部がフィレンツェ先史時代博物館やフィレンツェ地形博物館などの文化施設となり、回廊とテラスがある部分がオブラーテ図書館へとなった。  (「「オブラーテ図書館」情報(観光)|イタリア旅行はユートラベルノート」より)]

[主に、1400~1700年フィレンツェの街の様子を表した地図、絵画が展示されています。一際目をひくものは、1490年頃の街全体の様子を描いた大きな絵。現在Viale(ヴィアーレ:大通り)になっている所に城壁があるものの、その他の様子は500年以上経った今でもあまり変わらないのがよく分かります。その他、街の入り口になっていたPorta San Federiano(サン・フェデリアーノ門)、Porta San Gallo(サン・ガッロ門)、Porta Romana(ローマ門)の大きな鍵や、現在のP.zza della Repubblica(共和国広場) の1870年頃の模型、現在のドゥオモからP.zza della Signora(シニョリーア広場)周辺の古代ローマ時代の模型は必見です。古代ローマ時代でも、街はきちんと整備され、現在の共和国広場には神殿が、シニョリーア広場には温泉があったようです。  (「特集「小さな優良美術館、博物館」イタリア情報サイトペルバッコ」より)]

[フィレンツェは昔ながらの街並みが残っている町ではありますが、このツアーは「今から2000年、それ以上前にあった古代ローマ時代の遺跡を見よう!」というものです。考古学を勉強したガイドさんによる説明付きで1グループ25名限定。ツアーの時間は約1時間半。料金は一人7ユーロ。集合場所の「Museo Storico Topografico “Firenze Com’era”」(歴史地形博物館 “過去のフィレンツェ”)で、スライドを見ながら説明をうけ、その後はヴェッキオ宮殿を目指して町を歩きます。
これは、博物館内にある古代ローマ時代の模型(画像リンク)。半円形の劇場があるのは、現在のヴェッキオ宮殿。町の中心は、現在の共和国広場だったんです。博物館内には、1870年代の共和国広場の模型もあります。この柱、今も広場に現存しています。まあよく出来ていること、この模型!(画像リンク)  (「ペルバッコイタリア・フォトブログ」より)]

フィレンツェ先史学博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向がフィレンツェ先史学博物館入口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*