カプアーナ門

マーカーはカプアーナ門です。

カプアーナ門(イタリア語:Porta Capuana、英語:Porta Capuana)
[カプアーナ門は、カプアーノ城の近くにあるナポリ市の古代の門です。1484 年に建てられたこの門は、常に重要な交通の要衝として示されています。
アラゴンフェルディナンド1世 (ナポリ王)によって 1484 年に建設され、初期の段階から、東から市内中心部に向かうアクセス ポイントであり、通信の中枢でもありました。 18 世紀にはプーリアの王道(Strada regia delle Puglie)が通っていました。
したがって、それは常にナポリの非常に活気のある地域にあり、芸術的および文化的集合の場所でもありました。 20 世紀、重要なナポリの芸術家の出会いの場でした。
実際には、今日私たちが見ているのは、アラゴン君主がナポリで依頼した再要塞化工事の一部であり、扉だけが保存されています。
フランスシャルル8世 (フランス王)ブルボンカルロス3世 (スペイン王)の両方がカプアーナ門を通過しました。 1847 年にナポリから来た年代記者は、都市の活動を次の言葉で説明しています。
≪ここでは、昨日と同じように今日も、いつものように… いつも同じ地獄、同じ店、商品、貿易、人身売買、さまざまな人々がいます。 言語のバベル。 ナポリの庶民の美徳と悪徳のすべての習慣を真に知りたい人は誰でも… 24時間いつでもPorta Capuanaに来て、それについて学びましょう… Porta Capuanaは普遍的な劇場です。それは私たちの人々のコスモポリです..ここには夜も昼もありません≫
17 世紀には、大天使聖ミカエルと、1656 年のペストを追い払うために聖母マリアに祈ろうとしているジェンナーロ(San Gennaro)、アニェッロ(Agnello of Naples)、ロッコ(San Rocco)を表すフレスコ画がドアにニッチが建てられました。
1930 年代には、時間をかけて建てられた城壁からカプアーナ門を分離するプロジェクトが実施されました。これらの作業中に、ドアに配置されたニッチも削除され、アラゴン時代の元の外観に戻りました。]

[ジュリアーノ・ダ・マイアーノの草案により1484年にカプアーノ城のすぐ近くに建てられました。大理石装飾がほどこされた両側にある2つの塔はオノーレ(名誉)とヴィルトゥ(美徳)という名がついています。上部の壁にはフェルディナント1世_(神聖ローマ皇帝)の紋章が見えますが、これは以前のカール5世_(神聖ローマ皇帝)の紋章をはずし、置き換えたものです。  (「カプアーナ門 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

カプアーナ門 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がカプアーナ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*