カリタ広場

マーカーはカリタ広場です。

カリタ広場(イタリア語:Piazza Carità)
[カリタ広場 (旧ラルゴ・デッラ・カリタ、19 世紀末のカルロ・ポエリオ広場、ファシスト時代の 20 年間のコスタンツォ・チャーノ広場) は、モンテカルヴァリオ地区とサン ジュゼッペ地区の間にあるナポリの中央広場です。
歴史的中心部に位置し、ピニャセッカ(Pignasecca)とスパニッシュ・クォーター(Quartieri Spagnoli)に近く、カリタ地区(Rione Carità)の始まりに位置しています。後者はトレド通り (Via Toledo・広場を横切る道路) の建設以来発展し、20 世紀の 30 年代から 50 年代にかけて、ファシスト政権とアキレ・ラウロ(Achille Lauro)の建築復興計画(に従って再開発されました。
カリタ広場は古くから有名で賑やかな市場で、商品や商売で広場は活気づいていました。16 世紀にサンタ・マリア・デッラ・カリタ教会(Chiesa di Santa Maria della Carità)が建てられ、19 世紀の特徴を残しながらも今日も存在しています。
1802 年、ポルトラニア王立裁判所の命令により、市場は大幅に縮小されました。この命令は、広場に掘っ立て小屋を設置することを禁止し (チャリティー教会の左側にまだ見える銘板によって証明されています)、構造物 (食用市場) に限定されていました。 ) ステファノ・ガッセ(Stefano Gasse)によって設計された 1811 年に、旧オリベタン修道院の庭園の敷地に建てられました。
1848 年の暴動の後、フェルディナンド2世 (両シチリア王)は、トレド通りの再建において、ラルゴ・デッラ・カリタにモニュメントを建て、マドンナ・デッラ・パーチェ(Madonna della Pace)に捧げ、激しい衝突と革命的な緊張の後に再び取り戻した平和を承認することを望んでいました。
1887 年、1877 年にトマソ・ソラーリ(Tommaso Solari)によって彫刻された、カルロ・ポエリオ(Carlo Poerio)の記念碑が置かれました。その像を屋外に置くという選択がなされたのは偶然ではありませんでした。 広場は愛国者にちなんでカルロ・ポエリオ広場と名付けられました。 記念碑を建てるために地面を掘ると、おそらく 1656 年の疫病にさかのぼる多くの人骨が見つかりました。
この像は存続可能性の理由から 1939 年に撤去され、キアイア(Chiaia)のサン・パスクアーレ広場に置かれました。同時に、この広場は、1939 年に亡くなった通信大臣であり、義理の息子であったガレアッツォ(Galeazzo Ciano)の父であるコスタンツォ・チアーノ(Costanzo Ciano)にちなんで名付けられました。ファシスト政権が崩壊するまで。第二次世界大戦後に広場は古い名前を取り戻しました。
70 年代の終わりから 80 年代の初めにかけて、最初の石が敷設され、ヴォメロ地区にさまざまな建設現場が開かれ、地下鉄の主要なプロジェクトが実現したようです。 カリタ広場は、カリタ広場と同じ名前の駅の座席として設立されました。]

Piazza Carità – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向がカリタ広場です。中央にSalvo D’Acquisto の記念碑があります。

カメラ南東方向がカリタ広場で、カメラ北西方向がピニアセッカ通リになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*