サンタ・マリア・インコロナータ

マーカーはサンタ・マリア・インコロナータです。

サンタ・マリア・インコロナータ(イタリア語:Chiesa di Santa Maria Incoronata (Napoli)、英語:Santa Maria Incoronata, Naples)
[サンタ・マリア・インコロナータ(Santa Maria dell’Incoronata)は、イタリアナポリのメディナ通り(Via Medina)にある古い教会です。 サン ジョルジョ・デイ・ジェノヴェージ(San Giorgio dei Genovesi)のすぐ南、ピエタ・デイ・トゥルキーニ教会(Pietà dei Turchini)の向かいにあります。
この教会は、14 世紀に、アンジューのカルロス 2 世(Charles II of Naples)の王宮であるヌオーヴォ城周辺の都市計画の一環として、ゴティコ・アンジョイアーノ様式(Gotico Angioiano)で建てられました。この教会は、ジョヴァンナ1世 (ナポリ女王)の戴冠式とターラント公ルイ(Louis I of Naples)との 2 度目の結婚を記念して 1364 年に設立されたのではなく、キリストのとげのある王冠の背骨である貴重な遺物を保持するために設立されました。 女王はシャルル5世 (フランス王)に依頼し、その肖像画が入り口に保管されていました。城の外にある宮殿礼拝堂またはアカペラ・パラティーナの建設は、1362 年に夫が亡くなった後、女王にとって困難な時期に完成しました。
1403年、ラディズラーオ1世 (ナポリ王)は教会での聖ラースロー1世 (ハンガリー王)の伝説のサイクルの絵を注文しました(1414年に完成)。そこには、ハンガリーの王が王冠を受け取り、異教徒と戦い、クロアチアの王冠を受け取っている様子が描かれています。
当初は小さな病院が教会に付属して建設され、16 世紀の終わりまで、複合施設全体がサン・マルティーノ修道院の管轄下にありました。教会は何年にもわたって使用されなくなった後、18 世紀に再奉献され、何世紀にもわたって修復されました。ただし、内装は以前のバロック様式の装飾のほとんどが取り除かれています。
左右非対称の 2 つの身廊からなる独特の形は、この教会の一部がアンジュー朝時代に法廷だったことに由来します。教会の床は、周辺がカルロス 5 世の時代に近くのヌオーヴォ城の土を使って盛り上がったため、通りの高さよりも低くなっています。1352 年にさかのぼると思われるフレスコ画の断片が入り口の左側の最初の湾に見られます。これらはかつて、ロベルト・オデリシ(Roberto Oderisi)による信仰の勝利と七つの秘跡を描いていました。
身廊の終わり、17 世紀の主祭壇の左側には、ラースロー1世 (ハンガリー王)の生涯を描いた 15 世紀のフレスコ画があり、1403 年にラディズラーオ1世 (ナポリ王)によって委託された十字架礼拝堂 (Cappella del Crocifisso) があります。礼拝堂の天井には聖母の生涯をテーマにしたフレスコ画があり、礼拝堂にはかつて多翼祭壇画があり、現在はカポディモンテ美術館にあります。これらは両方とも同じアーティストによるものです。
礼拝堂にはかつてナッケリーノ(Michelangelo Naccherino)が作った木製の十字架があり、長い間ジョヴァンニ・ダ・ノラ(Giovanni da Nola)の作品と考えられていました。 十字架は現在、サンタ・マリア・ディ・コスタンティノーポリ教会で発見されています。
サンタ・マリア・インコロナータのファサード・wikipedia-photo、ポルチコ・wikipedia-photo、アーチのフレスコ画・wikipedia-photo、ラディスラウスは王冠の遺物を崇拝する・wikipedia-photo]

Santa Maria Incoronata, Naples – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向がサンタ・マリア・インコロナータです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*