サンタ・マリア・ラ・ノーヴァ教会

マーカーはサンタ・マリア・ラ・ノーヴァ教会です。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会(英語・Santa Maria La Nova、イタリア語・Chiesa di Santa Maria la Nova (Napoli))
[サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会はナポリの記念碑的な教会(Centro storico di Napoli)で、ジョヴァンニ・ボヴィオ広場(Piazza Giovanni Bovio)の近くの歴史的中心部にあり、同名の記念碑的な複合施設の一部です。
アンジュー(アンジュー=シチリア家)のシャルル・ダンジュー(カルロ1世 (シチリア王))がヌオヴォ城を建設するという決定に続いて、12 世紀半ばに、新しい城のための十分なスペースを確保するために、1216 年にさかのぼるサンタ・マリア・アド・パラティウム教会(古い教会)を取り壊す必要があり、1279 年 5 月 10 日、同名の修道院が付属する新しい教会を建設するために、港を守る塔の近​​くの土地を与え移転させました。
移転後の建物は1456 年、1538 年、1569 年の地震、そしてとりわけ 1587 年 12 月 13 日に発生した火薬樽の爆発による被害を受け、不安定な保存状態にある教会の完全な再建が決定されました。
建設はジョヴァンニ・コーラ・ディ・フランコ(Giovanni Cola di Franco)に委ねられ、1596 年に着手され、ファサードフリーズで報告されているように、3 年後の 1599 年に完成しました。実際には、工事の継続期間が短いことを考えると、建物はゼロから建設されたわけではありません、古い建物の構造と材料は確かに再利用されています。インテリア仕上げは次の年に続きました、1603年に木製の天井が完成し、1620年に聖歌隊が完成し、1633年にバロック様式のインテリアの装飾がスタッコと金メッキの使用から始まりました。17 世紀の間にファサードが再建されました。
19世紀半ば、特に1859年以降、修道士たちが施しによって再び資金を見つけた後、新しい修復作業が必要になりました。 仕事は建築家のフェデリコ・トラヴァグリーニ(Federico Travaglini)に委ねらました。
1922 年から 1926 年にかけて、天井と芸術作品の修復が再び行われました。]

[新しい城(現在のマスキオ・アンジョイーノ、またはカステルヌオーヴォ)の建築のため、古い教会は取り壊される必要がありました。当時の王が新しい建物の建設資金を出し、1279年に工事が着工されました。サンタ・マリア・ラ・ノヴァの建物は16世紀に取り壊されましたが、すぐに再築されました。バンキ・ヌオーヴィ通りのはじめに位置する、素晴らしいキオストロ(回廊)は、今はナポリ県議会の建物となっています。中世宗教建築の素晴らしい例といえるでしょう。教会は、ラテン十字設計で、身廊が一本と付属礼拝堂からなりたっています。内部には聖歌隊席、クーポラ、天井と、フランチェスコ・インパラートの「聖母の昇天」、ファブリツィオ・サンタフェデの「王冠授与」、フランチェスコ・クリアの「マリアの栄光」、やルイジ・ロドリゲスとベリサリオ・コレンツィオの小さい作品が数多い保管美術作品の中に含まれています。その他見逃してはならないのは、ニコラ・マリンコニコの「12の美徳」、マルコ・ピノの「十字架上のキリスト」、ジョヴァンニ・ダ・ノラの「エッチェ・オモ」があります。工事と装飾にはジローラモ・サンタクローチェ、マッシモ・スタンツィオーネ、バッティステッロ・カラッチョロ、ルカ・ジョルダーノとジローラモ・ダウリアも参加しています。(「サンタ・サリア・ラ・ノーヴァ教会 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

[サンタ・マリア・ラ・ノーヴァ教会平面図

1-エントランス、2-サンタナ礼拝堂(デイ・カルゼッティ)、3-サン・ジャコモ・デッラ・マルカ礼拝堂、4-左側のIII礼拝堂、5-アキノ礼拝堂、6-グルター礼拝堂、7-礼拝堂Sant ‘Erasmus (精霊の) 、 8-Sant’Onofrio 礼拝堂、 9-小さな回廊、 10-左翼廊、 11-Sacristy、 12-左側の長老会に沿った礼拝堂、 13-Presbytery 、 14-Apse 、 15-Chapel十字架の 、 16-右トランセプト 、 17-ドーム 、 18-サン・ピエトロ・ダルカンタラ礼拝堂 、 19-サン・フランチェスコ・ダッシジ礼拝堂(ピロンテの) 、 20-サン・ボナベンチュラ礼拝堂(デ・サンクティス-)ベニンカサ) 、 21- サンテウスタキオ礼拝堂 (ダフリット) 、 22- スコットランド礼拝堂 、 23- 祝福されたサルヴァトーレ ドルタ礼拝堂 (マスカロ) 、 24- サン ミケーレ アルカンジェロ礼拝堂 (サンセヴェリーノ) )

イタリア語
1-Ingresso、2-Cappella di Sant’Anna (dei Calzetti)、3-Cappellone di San Giacomo della Marca、4-III cappella di sinistra、5-Cappella Venata d’Aquino、6-Cappella Gruther、7-Cappella di Sant’Erasmo (degli Spiriti)、8-Cappella di Sant’Onofrio、9-Chiostro piccolo、10-Transetto sinistro、11-Sacrestia、12-Cappella lungo il presbiterio sinistro、13-Presbiterio、14-Abside、15-Cappella del Crocifisso、16-Transetto destro、17-Cupola、18-Cappella di San Pietro d’Alcántara、19-Cappella di San Francesco d’Assisi (dei Pironte)、20-Cappella di San Bonaventura (dei De Sanctis-Benincasa)、21-Cappella di Sant’Eustachio (dei D’Afflitto)、22-Cappella Scozia、23-Cappella del Beato Salvatore d’Orta (dei Mascaro)、24-Cappella di San Michele Arcangelo (dei Sanseverino)
「サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会」・wikipdia-photo]

Complesso Monumentale di Santa Maria la Nova – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がサンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会です。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ修道院キオストロ(回廊)、教会及びナポリ県議会へのストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会拝廊のストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会内陣前のストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ教会内陣・聖歌隊席のストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ修道院回廊のストリートビューです。

サンタ・マリア・ラ・ノーヴェ修道院大回廊のカメラです。

ナポリ県議会会議室のストリートビューです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*