サント・スピリト聖堂

マーカーはサント・スピリト聖堂です。

サント・スピリト聖堂(イタリア語・Basilica dello Spirito Santo)
[サント・スピリト聖堂は、トレド通り(Via Toledo)、ドリア・ダングリ宮殿(Palazzo Doria d’Angri)の前の、セッテ・セッテンブレ広場(piazza Sette Settembre)にあるナポリの教会です。
1562年、モンテレオーネ公爵の宮殿が立っていた地域に最初の小さな宗教的建造物が建設され、同じ両側にある2つの音楽院に付属していました。1 つは白人同胞団(Compagnia dei Bianchi)の所属、もう 1 つは緑の党同胞団に所属していました。
1572 年から 1576 年にかけて、ピグナローゾ・カファロ(Pignaloso Cafaro)とジョヴァンニ・ヴィンチェンツォ・デッラ・モニカ(Giovanni Vincenzo Della Monica)の指揮の下、複合施設全体の拡張工事が行われました。この機会に、同名の礼拝堂だけが残っている白人同胞団を収容していた修道院の複合体は、教会の本体に組み込まれました。
1748 年にニコラ・タリアコッツィ・カナーレ(Nicola Tagliacozzi Canale)が聖具室を設計し、1754 年にルイージ・ヴァンヴィテッリ(Luigi Vanvitelli)が 4 つのプロジェクトの中からマリオ・ジョフレード(Mario Gioffredo)のプロジェクトを選んで、聖具室の建設が1758 年に始まりました。ジョフレドのプロジェクトは、16 世紀にさかのぼる 17 世紀の修道院と大聖堂とその副礼拝堂の門を保存することを目的とし、中央のクロッシングを改修し、身廊を照らすことができるより高いドームを建設することを目的としていました。工事は 1775 年に完了しました。
1929 年に教会に関する修復が行われました。第二次世界大戦後、修道院は部分的に取り壊され、マルチェロ・カニーノ(Marcello Canino)によって再建され、既存の建物と新しい建物の関係が変わりました。 1990 年には、1980 年のイルピニア地震の後、教会と付属施設の両方でさらなる修復が行われました。
サント・スピリト聖堂では歴史的価値のある芸術品を定期的に展示されています。
ファサード・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、高祭壇・wikipedia-photo]

聖霊の宿る。ナポリ、スピリト・サント聖堂

Basilica dello Spirito Santo – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が、サント・スピリト聖堂です。

サント・スピリト聖堂ドーム下で展示会開催中のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*