サン・ピエトロ・マルティーレ教会

マーカーはサン・ピエトロ・マルティーレ教会です。

サン・ピエトロ・マルティーレ教会(英語・San Pietro Martire, Naples、イタリア語・Chiesa di San Pietro Martire (Napoli))
[サン ピエトロ マルティーレ教会は、ナポリの記念碑的なカトリック礼拝堂です。定義上-フェデリコ2世・ナポリ大学の礼拝堂 (ただし、現在はメディナ通りにあるサン ジョルジョ デイ ジェノヴェージ教会が礼拝堂となっています。)。 同名の回廊に隣接し、現在は同大学の文学部と哲学部の本拠地となっています。
この建物は 1294 年にアンジュー=シチリア家によって建設され、完成後、ドミニコ会に寄贈されました。最初の修復は 1343 年に行われ、1347 年にジョヴァンニ・カパノ(Giovanni Capano)が大理石の入口を建設しました。 1423 年と 1456 年に、火災 (1423 年) と地震 (1456 年) のため、教会は再びルネッサンス様式で修復されました。
約 1 世紀後、回廊の建設が開始され、1607 年にドミニコ会の修道士ジュゼッペ・ヌヴォロ(Giuseppe Nuvolo)が、マジョリカ タイルを使用したドーム (1609 年) を作成して、複合施設を再び修復しました。1632 年から 1633 年にかけて、エンジニアのピエトロ・デ・マリノ(Pietro De Marino)とナターレ・ロンゴ(Natale Longo)の指揮の下、現在の大理石の門と正面のスペースが建設されました。鐘楼の当初の設計はナターレ・ロンゴ(Natale Longo)によるものでしたが、それに代わりに 1655 年にフランチェスコ・アントニオ・ピッキアッティ (Francesco Antonio Picchiatti) によって建設されました。
それから 1 世紀後の 1755 年に、建設現場の新しいセッションが開かれ、有名なジュゼッペ・アスタリータ(Giuseppe Astarita)が続き、ジュゼッペ・スカララ(Giuseppe Scarola)が化粧漆喰の作業を行いました。
修道院への抑圧は、19 世紀にたばこ工場への転換とともに記録され、最終的にナポリのフェデリコ 2 世大学の文学と哲学の学部の席になりました。
1943 年に修道院の複合体は爆撃により損傷を受けましたが、1953 年にエンジニアのルイジ・コゼンツァ(Luigi Cosenza)によって修復され、1978 年から 1983 年にかけてエンジニアのデ・ステファノ(De Stefano)の指揮の下、初期のルネサンス様式の構造が明らかになりました。
2021 年には、「ナポリ歴史地区のユネスコ プロジェクト」の一環としてヨーロッパの資金によって資金提供された、長期にわたる修復プロジェクトが終了します。
ファサード・wikipedia-photo、内部・wikipedia-photo、Particolare・wikipedia-photo、回廊とマジョリカドーム・wikipedia-photo]

サン・ピエトロ・マルティーレ教会 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向がサン・ピエトロ・マルティーレ教会です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*