サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会

マーカーはサン・グレゴーリオ・アルメーノ教会です。

サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会 (イタリア語・Chiesa di San Gregorio Armeno、英語・San Gregorio Armeno)
[サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会 の修道院は、聖グレゴリオの聖遺物とともに、東洋から逃げのびたサン・バジレオ修道女たちの願いで、古くからチェチェレ寺院の残骸跡に建てられました。ナポリバロック建築の教会は、唯一の身廊と付属礼拝堂があり、光の入るクーポラと三角形の後陣を持ちます。この建物はジャンバッティスタ・カヴァニャのナポリで最初の作品でもあります。礼拝堂以外の壁にはすべて、ルカ・ジョルダーノによるフレスコ画がほどこされています。鐘楼とファサードの間には上部にバルコニーがついている8つの店舗があります。キオストロ(回廊)と鐘楼の間に段差があるため、これらの店舗はピペルノ石の土台の下に位置しています。前庭からは1580にデッラ・モニカにより建てられた美しいキオストロ(回廊)につながっています。修道院の中庭の中央部には、内部にボッティリェエロによる、キリストとサマリターナの像が置かれている大理石造りの噴水があります。  (「サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

[サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会(通称サンタ・パトリツィア教会) は、ナポリの記念碑的な教会(Chiese di Napoli)で、古代中心部の大デクマヌス(Decumano maggiore)と下デクマヌス(スパッカナポリ・Spaccanapoli)の間にある同名のサン・グレゴリオ・アルメーノ通り(Via San Gregorio Armeno)に位置しています。
隣接する修道院群とともに、市内で最も古く、最大かつ最も重要な宗教的建造物の 1 つを構成しています。
宗教施設は、現在のサン・グレゴリオ・アルメーノ通り沿いに位置しています。これは、5 世紀にこの地域で最初に病気の貧しい人々のために病院を設立したノストリアノ司教(Nostriano di Napoli)にちなんで名付けられた古代のノストリア通りです。
伝説によると、この地域に建てられた主要な教会は、930 年頃にケレース神殿の廃墟の上に建てられました。しかし、他のより信頼できる情報源によると、元の建造物の年代はおそらく 8 世紀にまでさかのぼり、コンスタンティノープルから逃げてきたバシリウス派の修道士(Monaci basiliani)の信奉者のグループがその場所に到着したときに始まりました。アルメニアの聖グレゴリウス (Gregorio Illuminatore・257 年から 331 年までアルメニアの総主教であった) の遺物も携えてきました。
ノルマン時代の 1009 年、修道女たちがいた周辺の 4 つの小礼拝堂(サン・セバスティアーノ、サン・サルヴァトーレ、サン・グレゴリオ、サン・パンタレオーネに捧げられた小礼拝堂) が統合され、古代中心部の地域全体に修道院が形成されました。後者は、8世紀半ば頃に司教スティーブン2世(Stefano II di Napoli)によって道路の反対側に設立され、最初は都市動脈の上の陸橋によって新しく生まれた修道院の複合体に接続されていました。この段階で、新しい宗教的な建物はベネディクト会の支配の誓いを立てました。
その起源以来、修道院は次のようなさまざまな活動を通じて維持されてきました。ナポリの貴族からの財政的寄付のおかげで、複合施設内の寄宿学校で娘を受け入れるのに役立つ月額料金の支払いを通じて、受け取ったお金のおかげで宗教団体が所有する土地のリース権を通じて、または再び、修道女が農民に委託した土地の区画からの食物を通じて、栽培と収穫の分配の世話をする必要がありました。しかし、ナポリの家族の寄付は、複合施設の通常の支出に対処するのに十分でした。受け入れられた少女と修道女の中には、ナポリ王国の高貴な支部に属する女性がいました。その中でも、ピグナテッリ(Pignatelli (famiglia))、ディ・サングロ(Di Sangro)、ミヌートロ(Minutolo)、カラッチョロ(Caracciolo)が際立っています。
しかし、特別な場合(疫病やコレラの蔓延時、あるいは戦時中など)には、ナポリの家族からの無償の寄付はもはや自給自足を保証するのに十分ではなく、したがって、これらの場合、修道女は、シチリアの王たちを支持して、悲惨な大きな局面を乗り越えることができるようにはかりました。 1170年、この要請は実際には、サン・グレゴリオのベネディクト派に国有地を持つ機会を与えたシチリア王グリエルモ2世に有利なものでした。1192年にはタンクレーディ (シチリア王)を支持し、王は代わりに、毎年大量の食料資源を修道院に寄付しました。しかし、与えられた援助は、歴代の支配王朝の出現によっても存在しなくなりませんでした。これは、宗教機関が常に都市の政治的、文化的、社会的注目の中心にあったことを証明しています。

サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会平面図

上図の6,7,8のエリア

サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会のファサード・wikipedia-pghoto、身廊・wikipedia-photo]

サン・グレゴリオ・アルメノ教会 – Google Map 画像リンク

平面図21の下(Via S. Gregorio Armeno) – カメラ北北西方向がサン・グレゴリオ通りで、小路上にサン・グレゴーリオ・アルメーノ教会の渡り廊下があります。サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会のファサードはカメラ方向左になります。

平面図1 – カメラ位置はヴィーコ・ジュゼッペ・マッフェイ通り(Vico Giuseppe Maffei)で、サン・グレゴーリオ・アルメーノ修道院入口のカメラです。

平面図2 – 北口(Vico Giuseppe Maffei)・平面図1からの斜路 

サン・グレゴーリオ・アルメーノ教会身廊のカメラです。

平面図4 – 中庭のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*