サン・ジェンナロ門

マーカーはサン・ジェンナロ門です。

サン・ジェンナロ門(イタリア語:Porta San Gennaro、英語:Porta San Gennaro)
[サン・ジェンナロ門は、ナポリ市の最古の門であり、すでにターラント市を破壊したサラセン人の恐怖が広まった 928 年にさかのぼる文書に記載されています。
北部から来る人にとっては唯一のアクセスポイントでした。 サン・ジェンナロ門の名前は、同名の聖ジェンナーロのカタコンベに通じる唯一の道もここから始まったという事実に由来しています。
ナポリ公国(Ducato di Napoli)時代に、門は元の場所からそう遠くない場所、カポナポリとフォリア渓谷の間、サンタ・マリア・デル・ジェズ・デッレ・モナケ修道院(Santa Maria del Gesù delle Monache)の近くに再建されました。 すでに 10 世紀から、この門がサン・ジェンナーロと呼ばれていたという証拠があります。この門は、サニタ渓谷の採石場からの凝灰岩の大きなブロックがそこから入ったことから、凝灰岩の門としても知られていました。
1537 年、ナポリの総督(Viceré di Napoli)ペドロ・ディ・トレド(Pedro Álvarez de Toledo y Zúñiga)の命により再び移動され、両側にあった 2 つの荘厳な要塞塔が取り除かれ、​​フォリア通り(via Foria)のカヴール広場(Piazza Cavour (Napoli))前の現在も残っている、複合ビルに組み込まれました。
1656 年のペスト流行の後、マッティア・プレーティフレスコ画で描いた聖なるモチーフ (ペストの終焉を祈る聖人) が奉納され、最近の修復後も良好な状態を保っています。フレスコ画には、サン・ジェンナーロ、聖ロザリアフランシスコ・ザビエルが描かれています。
サニタの古代の谷(城壁の外にある)には、とりわけ、ナポリ人を襲った数多くの伝染病の犠牲者のための墓地がありました。弱者の守護者であるサン・ジェンナーロの姿は、これらの病院との境界を形成するドアに置かれ、地上の生活では不幸だったが、天国に歓迎されたであろう人々の方向を見ていました。
1659年、テアティン教父会(Chierici regolari teatini)の要請により、サン・ガエターノ(Gaetano Thiene)の胸像が追加されました(バルトロメオ・モリ(Bartolomeo Mori)によって石で作られました)。
ドアの下にある聖母の絵のあるニッチは、1884 年にコレラの生存者のために 1887 年から奉納されたものです。]

サン・ジェンナーロ門 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向がサン・ジェンナロ門です。

カメラ北北西方向がサン・ジェンナロ門です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*