ジローラモ教会

マーカーはジローラモ教会です。

ジローラモ教会・修道院(英語・Girolamini, Naples、イタリア語・Chiesa dei Girolamini)
[ジローラモ修道院、またはオラトリオ ファーザーズ ハウスは、教会に隣接して開発されており、その入り口のあるメイン ファサードは、ドゥオーモ経由で 144 番地のナポリ大聖堂の前に位置しています。修道院は 1587 年から建設されました。同じ時期に、既存のセリパンド宮殿で、オラトリウスの教父によって委託された最初の教会の建設が開始されました。同じ世紀の 90 年代に、ジローラモの新しい教会が誕生し、その後、17 世紀の前半まで、2 番目で最大の回廊 (オレンジの回廊・degli Aranci) と他の部屋や建物が追加され、現在のサイズに達するまで複合体が拡大されました。
ファサードは 18 世紀にさかのぼり、2 つの入り口で構成されています。1 つは左側にあり、大きな階段(平面図22)の前にあり、18 世紀の聖母被昇天礼拝堂(平面図21)を通り抜けます。修道院の 5 つの礼拝堂の 1 つは、今日でも宗教的な機能のために使用されており、教会の右通路に直接面しています。 一方、右側の 1 つは、複合体の他のすべてのスペースが展開する 2 つの記念碑的な回廊につながっています。
ジローラモ修道院には 2 つの回廊(Chiostri dei Girolamini)があります。小回廊と大回廊です。 正方形の計画を持つ小さな回廊は「マヨリカート(Maiolicato)」と呼ばれ、古いセッリパンド邸が占めていたスペースにドシオ(Giovanni Antonio Dosio)のプロジェクトで建てられました。建物の本体は両側に 4 本の柱で支えられていますが、角には 2 本の半柱を備えたピペルノの柱があります。 マジョリカの床は 19 世紀後半のものです。 中央には 16 世紀後半の井戸があります。
2 番目の大きい方は、柑橘類の栽培により「オレンジの回廊」と呼ばれます。ディオニシオ・ネンシオニ・ディ・バルトロメオ(Dionisio Nencioni di Bartolomeo)とディオニシオ・ラッツァーリ(Dionisio Lazzari)の設計により、17世紀の30年代に建てられました。建物の本体の構造は強力な柱で支えられており、庭園は歩行者用通路よりも低い位置にあり、錬鉄の手すりが付いた 2 つの階段でつながっています。大きな回廊から、残りの 4 つの祈祷室、医務室、ピュリフィケーション、サン ジュゼッペ エ デイ メルカンティと歴史的な図書館などの他の部屋に到達することができます。約 20 万点の写本のうち、約 6,500 点は 16 世紀から 19 世紀までの作曲と音楽作品に関するものです。図書館はまた、芸術的価値が高く、芸術的関連性とサイズが最大の部屋に収容されており、すべての作品の初版を修道院に寄贈したジャンバッティスタ ヴィーコ(Giambattista Vico)に捧げられています。最後に、宗教施設の 1 階にあるいくつかの部屋には、歴史的な絵画ギャラリーのコレクションが収められています。
ジローラモ教会平面図

1.ジロラミーニ教会;2.サン ジョルジョとサン パンタレオーネ礼拝堂;3.サンタ マリア デッラ ネーヴェとサンタナ礼拝堂;4.サン カルロ ボロメオ礼拝堂;5.サンタニェーゼ礼拝堂e;6.サン・フランチェスコ・ダッシジ礼拝堂;7.チャペル オブ サン フランチェスコ デ サレウス;8.左トランセプト – 降誕礼拝堂;9.サン フィリッポ ネーリ礼拝堂;10.長老会;11.無原罪懐胎のチャペル;12.右トランセプト – 聖殉教者礼拝堂;13.クルーズ;14.サンタ マリア マッダレーナ デイ パッツィ礼拝堂;15.通路;16.エピファニーのチャペル;17.サン ジローラモ礼拝堂;18.サン・ジュゼッペ礼拝堂;19.サンタレッシオ礼拝堂;20.聖具室;21.聖母被昇天礼拝堂(Oratorio dell’Assunta (Napoli));22.修道院への入口階段(ドゥオーモ経由);23.小回廊;24.オレンジの回廊;25.上層階への階段:- ジロラミニの写真館;- ジロラミニの図書館;26.パラッツォ セリパンドのファサード(ドゥオーモ経由)
ジローラモ教会の修道院複合体の中庭・wikipedia-photo]

ジロラミーニ教会 – Google Map 画像リンク

ナポリ大聖堂前入口のカメラです。

カメラ北方向がジローラモ教会です。

ジローラモ教会祭壇前のカメラです。

平面図21.聖母被昇天礼拝堂(Oratorio dell’Assunta)