ヌオヴォ城

マーカーはヌオヴォ城です。

ヌオヴォ城(英語:Castel Nuovo、イタリア語:Maschio Angioino)
[ヌオヴォ城(Castel Nuovo)は「新しい(Nuovo)城」を意味し、卵城と区別するために命名された。別名アンジュー砦とも呼ばれる。13世紀にアンジュー家出身のナポリ王カルロ1世 (シチリア王)が、フランスのアンジェ城をモデルに建築したといわれている。アンジュー家支配末期に度重なる戦闘の舞台となり、大きく破損するが、15世紀から18世紀にかけて改築されて、現在に残る。正面に3つの円筒形の塔を持ち、2つの塔の間に凱旋門が建っている。  (wikipedia・ナポリ歴史地区より)]

[ヌオヴォ城平面図

1.橋、2.アラゴンのアルフォンソの凱旋門、3.ブロンズの玄関ドア、4.ものみの塔、5.トッレ ディ メッツォ、6.サン・ジョルジョの塔、7.ベヴェレッロ タワー、8.黄金の塔、9.アーチのマドリッド広場のフレスコ画のあるアトリウム、10.中庭、11.ピペルノの階段、12.男爵の間、13.武器庫、14.カタロニアのバルコニー、15.パラティーノ礼拝堂、16.ロッジア、17.煉獄のチャペル、18.ロッジア(1・2階)、19.カステル ヌオーヴォ市立博物館 (1 階と 2 階)
ヌオヴォ城・wikipedia-photo、フランチェスコラウラーナの凱旋門の入り口・wikipedia-photo]

ヌオーヴォ城 – Google Map 画像リンク

カメラ東南東方向がヌオヴォ城です。

ヌオヴォ城中庭のカメラです。

ヌオヴォ城内のカメラです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*