ベリニーニ広場

マーカーはベリニーニ広場です。

ベリニーニ広場(英語:Piazza Bellini, Naples)
[ベッリーニ広場は、イタリアナポリ中心部にある広場です。 サンタ・マリア・ディ・コスタンティーノポリ通り(Via Santa Maria di Costantinopoli)は広場の西側に沿って通っています。南へのブロックはデクマヌス・マクシムス (トリブナリ通り(Via dei Tribunali) の一部でもあります) です。
この場所の広場は 17 世紀までに存在し、多くの主要な宮殿や建物が建設されました。現在は、Firrao-Bisingano、Castriota Scanderbeg、Principi di Conca の宮殿を含む場所の周りにあります。コンスタンティノポリ通りを 1 ブロック北に行くと、ナポリ美術アカデミー(Accademia di belle arti di Napoli)があります。広場の南側には、アルバ門(Port’Alba)の旧サン・アントニオ・デッレ・モナケ修道院があり、現在はコンカ宮殿にあるナポリ大学文学部と哲学部の図書館となっています。
1886 年、この広場にアルフォンソ・バツィコ(Alfonso Bazzico)作・作曲家ヴィンチェンツォ・ベッリーニに捧げられた彫像が設置されました。ベッリーニは、トリブナーリ通りのすぐ南に位置するナポリ音楽院(Accademia di belle arti di Napoli)に所属していました。当初、この作曲家の像は、彼のオペラの 4 人のヒロイン (ノルマ(Norma)、ジュリエッタ(Giulietta)、アミナ(Amina)、エルビラ(Elvira)) を表す 4 つの女性の胸像の上にそびえていましたが、破壊行為のために現場から切り離され、戻ってこなかったか、失われた可能性があります。しかし、これはナポリにとって異質な状況ではありません。今日の多くの場所が場所または時間のいずれかで失われているようです。1954 年、そして 1984 年に続いて、古代ギリシャの都市ネアポリスのかつての西壁の地下遺跡が発見され、廃墟となった壁の一部が、フェンスで囲われ、ぽっかりと時代遅れの峡谷に露出したままになって、周辺はカフェや散歩の広場になっています。
ベリニーニ広場・wikipedia-photo]

Piazza Vincenzo Bellini – Google Map 画像リンク」「Resti di cinta muraria greca – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がベリニーニ広場です。

カメラ北北西方向が古代ギリシャ時代の城壁跡です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*