モンテオリヴェート噴水

マーカーはモンテオリヴェート噴水です。

モンテオリヴェート噴水(イタリア語:Fontana di Monteoliveto、英語:Fountain of Monteoliveto, Naples)
[モンテオリヴェートの噴水としてよく知られているチャールズ 2 世の噴水は、同名の町の広場(Piazza Monteoliveto)にあるナポリの記念碑的な噴水(Fontane di Napoli)です。
その名前は、頂上に置かれたカルロス2世 (スペイン王)のブロンズ像に由来しています。
噴水の工事は 1668 年に建築家兼エンジニアのドナト・アントニオ・カファロ(Donato Antonio Cafaro)の監督の下、大理石職人のバルトロメオ・モリ(Bartolomeo Mori)とピエトロ・サンバルベリオ(Pietro Sanbarberio)によって始まりました。 1671年にモリが亡くなり、ディオニジオ・ラッツァーリ(Dionisio Lazzari)とジョヴァンニ・モゼッティ(Giovanni Mozzetti)が後を継いだ。カルロス 2 世のブロンズ像の建設作業は、コジモ・ファンツァーゴ(Cosimo Fanzago)のデザインに基づいて彫刻家 Giovanni Maiorino と Giovanni D’Auria に委託されました。 しかし、2 人は彫刻作品を完成させることができず、その実行はフランチェスコ・ダンジェロ(Francesco D’Angelo)に委ねら、1673 年に完成しました。
構造には、3 つの腕を持つ多葉の盆地があり、中央に同じ形の台座があり、3 頭のライオンが足の間に王、副王、市の紋章を保持し、ワシと交互になっています。ベースの外側には、渦巻きで支えられた3つの貝殻形のトレイがあります。中央にはピラミッド型のオベリスク型の土台があり、その上にカルロス 2 世の銅像があります。
2013 年に、放置されたために支持構造が部分的に崩壊したため、噴水が修復されました。]

[ナポリ・バロック建築の中でもその美しさは目を引きます。モンテ・オリヴエートの噴水は1669年に神父ペドロ・デ・アラゴナの願いで完成実現にいたりました。コシモ・ファンザーゴの弟子が設計を担当しました。ハプスブルク家のカルロス2世の名をつけたいと思っていた、総督の考えにもかかわらず、オリヴェート修道会がある同名の教会の名がつきました。モニュメントの頂点にはカルロス2世の少年時代の銅像が建っています。現在は噴水は市に寄贈され、私たちは自由にその恩恵を受けていますが、このモニュメントが王政時代の権力と繁栄の象徴だということを忘れることはできないでしょう。白大理石で作られた大きな水槽と、威厳あるライオンと鷲の像が飾られています。三角形の台座には若き日のカルロス2世のブロンズ像が置かれています。  (「モンテオリヴェトの噴水 – INAPLES – ナポリ観光労働組合」より)]

モンテオリヴェート噴水 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向がモンテオリヴェート噴水です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*