ダンテ広場

マーカーはダンテ像です。

ダンテ広場(英語:Piazza Dante, Naples)
[ダンテ広場は、イタリアナポリにある大きな公共広場です。広場には、ティト・アンジェリーニ(Tito Angelini)が彫刻した 19 世紀の詩人ダンテの像がそびえています。
もともとはラルゴ・デル・メルカテッロと呼ばれていました。これは、1588 年以来、市内の 2 つの市場の 1 つが開催されていたためで、メルカート広場の最大かつ最古の「メルカテッロ」とは異なります。さらなる重要性は、1625 年のアルバ門の「公式な」開通であった。これは、人口が村々、特に急速に拡大していたアヴォカータ(Avvocata)との連絡を容易にするために、城壁の塔に便宜上解放されていた個所が、アルバ門建設により正式なものとなった。
広場は、建築家ルイージ・ヴァンヴィテッリの介入により、18世紀後半に現在の構造になった。 彼が委託された「フォロ・カロリーノ(Foro Carolino・ルイージ・ヴァンヴィテッリにより広場名を「フォロ・カロリーノ」と変えました。)」は、カルロス3世 (スペイン王)を祝う記念碑を構成することでした。
工事は 1757 年から 1765 年まで続き、その結果、アラゴンの壁に接する大きな半円の列柱ができ、北にアルバ門が水平に組み込まれ、西にサン・ミケーレ・アルカンジェロ教会(San Michele Arcangelo, Naples)が隣接していました。
2 つの特徴的な湾曲した翼を持つ建物の上部には、カルロス3世の美徳を表す 26 の彫像 (3 つはジュゼッペ・サンマルティーノ(Giuseppe Sanmartino)によるもの) があり、中央にはカルロス3世の騎馬像を収容することになっていたニッチがあり、後の時代に時計塔が加えられました。
1843年から、中央のニッチはイエズス会寄宿学校への入り口を構成し、1861年に「Convitto Nazionale Vittorio Emanuele II(Complesso del Convitto Nazionale)」となり、旧サン・セバスティアーノ修道院(Chiesa di San Sebastiano (Napoli))の部屋に収容され、その2つの回廊がまだ見えています( 教会は 1941 年 5 月に崩壊した)。 最も小さく最も古いものは、ロマネスク時代とゴシック時代の間のナポリの珍しい例であり、最大のものは 16 世紀の構造を保存しています。
広場の中央には、1871 年 7 月 13 日 (偉大な詩人にちなんで広場が命名された日付) に開設された、彫刻家ティト・アンジェリーニ(Tito Angelini)とトマソ・ソラーリ・ジュニア(Tommaso Solari junior)の作品であるダンテ・アリギエーリの大きな像が、エンジニアのゲラルド・レガ(Gherardo Rega)が設計したベースに配置されています。]

Orologio Equazione Del Tempo – Google Map 画像リンク」、「Dante Alighieri monument – Google Map 画像リンク

カメラ東方向がダンテ像です。

カメラ東南東方向がカルロス3世の騎馬像を収容することになっていたニッチで、上部に後の時代に設置された時計塔があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*